『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』発売!

村上春樹新刊イベント、「本の内容大妄想大会」「ハルキスト極寒に締め出し」の不条理

murakamiharuki_book.jpg
『色彩を持たない多崎つくると、彼の
巡礼の年』/文藝春秋

 「出版不況」といわれて久しい。以前は、「持ち運べる手軽な娯楽」の地位を独占していた書籍や雑誌が、今やスマホにすっかりその地位を明け渡していることからもよくわかる。そこへ、村上春樹大先生が、ひとつ新作を出すとポツリと告知された。タイトルは『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)だそうだ。それだけで毎日のように発売前なのに「重版かかった」だの「50万部」だのとニュースになり、大フィーバーである。なんか出版界に舞い降りた救世主って感じ。

 しかしニュースを見るにつけ、「ホントにそんなに盛り上がってるのか?」という疑問が湧いてくる。50万部はいいけど、それ、いちいちニュースにすること? 累計770万部って言ってるけど『1Q84』(新潮社)を最後まで読みきった人って何人いるの?

 そんな中、代官山蔦屋書店で、発売日の4月12日、午前0時ジャストに販売を始めるというイベントがあった。なんかボジョレー・ヌーボーみたい。その1時間前には、文芸評論家の福田和也先生をお呼びしてトークショーを開催するという。まだ誰も読むどころか、表紙すら見ていない状態で、本の内容についてあれこれ話し合う会だそうだ。そして解禁1分前からカウントダウン。参加できるのは、予約して整理券を入手した人のみとか。……これはぜひ参加して、この多崎つくるを追い求める熱狂が、どこまでホンモノか見に行ってみようじゃないか。

 イベントの整理券はすでに定員に達している。……やっぱり当日は、「調教済みのレタスでサンドイッチを作った」りするオシャレ人種や、女の子に「ごく控えめに言って、君という女性は悪くはない。まあできることなら、君と水族館に行ってみたいと思う。それがいいことか悪いことかは分からないけどね」みたいな、よくわからない長文告白を述べてしまうような厨二病男子が集まるのか。多分彼らの敵は端的な言葉を投げかける松岡修造だろう。それとも意外に、オタク臭ぷんぷんのチェックシャツがいたりするのか。 期待はふくらむばかりである。

haruki7.jpg
こちらがイベントの整理券!!

 午後11時、10分前。超洒落乙で有名な代官山蔦屋書店に到着。会場付近は深夜とは思えない人でごった返している。おお、これが発売を待ちきれないハルキストたちか! あちこちにカメラを持った取材陣がいて、次々とハルキストたちにインタビューを仕掛けている。みんな「買ってすぐ今晩中に読みます」だの「村上春樹の本は全部読んでます」だの熱いことを述べて、取材陣を喜ばせている。受付を済ませて整理券をもらい、ホールに入った。受付番号は29番。

日本一の「パスタ茹でがち作家」 村上春樹先生の新刊です!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー