次は「週ファミ」に出るかも

「エイベックスから再始動も可能」後藤真希のメディア登場は復帰の意志?

goto0828.jpg
モンハンってそんな面白いの?

  2011年12月より芸能活動を休止している元モーニング娘。の後藤真希が、2月21日に放送されたインターネット番組『カプコンチャンネル』にゲストとして出演した。近年では、都内美容室のブログでのみ近影が伺えた後藤だが、約1年ぶりの公の場に登場とあって、ファンの間では大きな話題になっている。大の「モンスターハンター好き」を公言する後藤は、11年に同作のテレビCMにも出演しており、今回はメーカー側からの要望で特別に出演することになったという。

 公の場に現れるのが久しぶりと思えないほどリラックスした表情で、大好きな「モンハン3」を7,000時間遊んでいたことなどを明かした後藤。ネット上でも「相変わらず可愛い」「めっちゃ美人」などの声が上がっていた。

「“無期限の活動休止”というスタンスは崩していませんでしたが、今回の出演で現在でも後藤の窓口がエイベックスのままということも判明しました。契約を打ち切らず、またほかに主だった活動もしていないことから、やはり将来的に芸能界へ復帰する意志があるということなのでしょう」(芸能プロ関係者)

また07年に強盗致傷容疑などで逮捕され、5年6月の実刑判決を受けた弟の祐樹も、昨年10月に仮出所し、近年になってメディアに登場し始めている。昨年12月に発売された「実話ナックルズ」2月号(ミリオン出版)のインタビューでは、元メンバー・市井紗耶香と交際していたことを暴露し、今年1月には、タトゥー情報サイト「tattoo navi(タトゥーナビ)」のインタビューに登場(現在は非公開)、衝撃的なタトゥー姿が話題となったばかりだ。

 現在は、都内にある3階建ての一軒家、通称「ゴマキ御殿」には後藤と姉夫婦、祐樹の妻・子どもが暮らしているという。

「収監中、面会に訪れたAV業界関係者に『(女性用AVに)出演してもいい』と話していたので、今でも祐樹の言動を不安視する声があります。しかしゴマキに関していえば、生活も安定していますし、かつての人気もあるということで、現在でもエイベックス預かりとなっているのでしょう。うわさされるAVやヌードといった形での復帰に関しても、現在の彼女がやる必要のないもの。機が熟せば、タレントやアーティストとして本格的な活動を開始できる状況は常にキープされています」(週刊誌記者)

 肝心の活動再開時期に関してはやはり不明のままだが、完全に芸能界から消え去ってしまったはずの後藤姉弟が同年に姿を見せたという奇跡に、ファンもさぞ感慨深いことだろう。

関ジャニだってモンハン好きだもん!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!