[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐でも年収2,000万円!? 「大金を握らせない」ジャニーズの教育方針とは

arashi-all04.jpg
馬車馬のように働いているのに……

 今年もコンサートにテレビに映画にと、大活躍の嵐メンバーだが、その気になる“懐事情”について、ある証言をキャッチした。9月に発表された全国ドームツアーでは、グループ史上最多となる87万人を動員。また2012年上半期のCM起用社数ランキングでも、TOP5にメンバー全員がランクインするなど、破竹の勢いを見せている。各方面の活動で、「経済効果200億以上」ともいわれる彼らが受け取るギャランティーについて、広告代理店関係者が明かす。

「各メンバーで多少の差はありますが、基本的に全員の年収は2,000万~2,800万円ほど。つまり月給だと200万円ほどということになりますが、あれほど稼働していてこの金額は、やはり少ないと感じる人も多いのでは。全員の年収を足しても、SMAPで一番ギャラが低いといわれる香取慎吾の年収にも届きません。同じ芸能界にいる人間からしても、『嵐でこのギャラでは、夢も希望もない』という声も聞かれるほどです」

 20~30代男性からすれば、夢のような年収であることは間違いないが、やはり彼らは芸能界のトップアイドル。2005年まで公開されていた長者番付では、納税金額から、芸能人が毎年数億円もの年収を稼いでいることが公になっている。しかし嵐に対するこの待遇は、ジャニーズ事務所の“教育”の一環であるという。

「タレントやアーティストに大金を渡すことは、主従関係の崩壊につながりかねない危険な行為なんです。例えばCDバブルの時代、アルバム売り上げが200万枚を突破したある音楽デュオのメンバーが、それぞれご祝儀で2億円ずつ受け取ったことがありました。ところが彼らは大金を手にした途端、活動意欲がなくなったのか、現在は音楽畑からほぼ姿を消してしまった。嵐にはこういった“脱線”や“勘違い”をしてほしくないというジャニーズサイドの考えから、そこまでのギャラを支給しないのでしょう」(同)

 プロダクションではなく、タレント側が主導権を握ってしまう危険性について、別の芸能プロスタッフもこう語る。

「タレントが事務所側より上位に立ってしまうという構図では、やはりエイベックスが代表的。浜崎あゆみや倖田來未は、事務所側が企画を持ちかけたところで、本人たちがNOと言えば絶対に実現しません。これはジャニーズでは絶対にありえないこと。あくまでタレントは一番下、その上にマネジャーや事務所が存在するというのが絶対です。彼女たちの人気凋落も、こうしたマネジメント上の理由が最たるものでしょうね」

 不動の人気を誇る嵐だが、その理由は個々のメンバーによる努力と共に、ジャニーズ事務所の教育方針が大いに影響しているのかもしれない。

さぁ皆さん、買うわよ~!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!