[TVツッコミ道場]

徹子の息子・近藤真彦、ジャニーズで「僕が一番ヒマなぐらい」

machi.jpg
幹部仕事がお忙しいんでしょ?

 11月22日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。ゲストは近藤真彦。マッチと徹子といえば、デビュー当初から親子のように仲良しだ。

「本当に若々しくて、颯爽として、男らしい青年に成長なさいました」

 と、徹子は冒頭から“息子”の成長を喜んでいる。そんなマッチも、もう48歳。そんな事実に、徹子の反応は、

「あら、もうなるの! ……あらら、どうもー。もう48になりますか」

 「どうもー」って、なんなのか。ずっとジャニーズの“長男”ポジションで、ジャニーズイベントでも常に最年長のマッチさん。それが、一昨年出演した『徹子の部屋コンサート』では、加山雄三、南こうせつ、堺正章、井上順など錚々たる顔ぶれの中で最年少の部類となり、「安心しました」と話していた。しかし、自分のコンサートなどでは常に「マッチー!」「キャーーー!」な状態なので、比較的静かなノリの『徹子コンサート』では、

「何か悪いことしたのかなぁって」

 と、罰ゲームのようだったと振り返っていた。比較としてマッチの武道館コンサートのVTRが流されたのだが、それを見ながら徹子さん、「アッハッハハハ」「ンッフフッフフフ」と、そんなに笑う場面あるかいというぐらい、色々笑っている。再び話題はジャニーズ最年長としてのマッチに。

「ずいぶんイタズラしたりなんかしてんのね」

 深夜にいきなりTOKIOのメンバーを飲みに誘ったりして、顰蹙を買っていたらしい。ただ、ジャニーズのタレントたちも、みんなそれなりに忙しく、

「僕が一番ヒマなぐらいなんですけどね」

 って、マッチさん……。これは笑うところなのでしょうか。後輩タレントに電話した時、相手が仕事の現場だと呼び出せないから、

「電話して、家で寝てたらラッキーなんですよ」

 というマッチ流の理由づけをする。「すいません、マッチさん。寝てました」と言われれば、

「よかったよ、寝ててくれて。仕事だったら来れないもんな。じゃあ今から起きて来てくれる?」

 と、強引に呼びつけるのだという。完全に和田アキ子のエピソードじゃないか、マッチさん。その後、今年69歳で亡くなったお父さんの話や、5歳の息子の話など、いい話が続く。ちなみに息子は徹子のことを「トットちゃん」と呼んでいるらしい。そんな流れの中、アリジゴクを息子に見せてあげたという話になったのだが、そのやり取りが、なんともいい感じのトンチンカンさに包まれていた。

「(アリジゴクの)中に何がいるの?」(徹子)
「アリジゴクですよ」(マッチ)
「アリジゴクだから?」(徹子)
「アリジゴクの一番下にアリジゴクが待ってるんですよ」(マッチ)

 シュールなコントみたいな掛け合いだ。

「わー、怖い。出てこられないのね」(徹子)
「出てこられないから食べちゃうんです」(マッチ)
「ああ、そういうことをいうの、アリジゴクって。へえーー、怖いわねぇ」(徹子)

 動物については何でも知っている徹子だが、昆虫についてはあまり詳しくないのか。

「アタシ、アリの巣のことを考えてたからね」

 ??? 結局どういうことなのだろうか。マッチと徹子のシュールな親子コント、お届けしました。
(太田サトル)

そういうアナタだって来年80歳ですのよ

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

徹子の息子・近藤真彦、ジャニーズで「僕が一番ヒマなぐらい」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場ジャニーズ徹子の部屋近藤真彦黒柳徹子のニュースならサイゾーウーマンへ!