翻弄される新婚夫婦

マスコミの生贄? 及川光博と檀れいの離婚危機報道が過熱した理由

oikawamicchy.jpg
『及川光博ワンマンショーツアー2012
「銀河伝説」』/ kassai(K)(D)

 “電撃結婚”からはや1年、不倫報道や別居疑惑から派生して、現在は離婚危機もささやかれている及川光博・檀れい夫妻。8月発売の「女性セブン」(小学館)は、及川の収入減がすれ違いにつながったと報じたが、夫婦の現状については疑問の声が飛び交っているという。

 夫婦の“不協和音”を最初に報じたのは、昨年9月の「女性自身」(光文社)。新婚2カ月の及川が、都内で30代女性と相合い傘デートをしていたという。さらに今年に入って立て続けに「週刊新潮」(新潮社)、「女性セブン」が別居生活を報じた。

 檀は9月、出演する舞台『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の会見で別居を否定。及川の帰りが遅くなった時などに、実家が近いので母親と食事をすることはあるとして、「どこからそんな話が出たのか」とあしらった。

 そしてつい先日行われた及川のバースデーイベントでは、事務所関係者が報道陣を威嚇したり、及川が声を荒らげる一幕があったという。

「離婚危機の渦中ということで、イベントへの取材申請が殺到。仕方なく『及川の新作DVDの宣伝を行う』という条件で、イベント終了後に囲み取材を行う段取りになりました。取材前には事務所関係者も、『なんでも答えます』と話していたのですが、あまりにも質問が夫婦仲に集中したため、次第に現場の雰囲気が悪くなっていきました」(スポーツ紙記者)

 報道から1カ月以上経過し、別居についてもすでに檀が否定しているため、及川としてもこれ以上何かを答えるつもりはなかったのだろう。それなのに同じ質問を繰り返され、ワイドショーの個別取材でも、やはり檀の話を中心にされてしまったため、取材は途中で打ち切られてしまったという。

「ある週刊誌は、『檀があまり家に帰っていない』という情報しかないにもかかわらず、不仲説と報道をしてしまったそうです。また及川の所属事務所も、マスコミ対応には慣れていないため、どうしてもピリピリしたムードを出してしまう。こういった不運が重なって、マスコミが飛びつきやすい夫婦不仲説が、延々と報じられ続けているというのが現状です」(芸能プロ関係者)

 スキャンダルを利用した話題作りにも興味のない及川だけに、意図せぬところでマスコミの“生贄”にされてしまったということなのだろう。新婚早々迷惑な話だが、今後もこの話題はしばらく続いてしまいそうだ。

檀ファンのおっさんにのみ、残念なお知らせでした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!