その他
【ジャニーズ研究会レポート】

八乙女光が滝沢秀明を4~5時間も振りまわした“恐ろしい”過去とは?

【サイゾーウーマンより】

<アイドル誌チェック!!>

 ジャニーズJr.ファンのみなさん、お待たせしました。今月号の「Wink up」(ワニブックス)の表紙には“バカレア組”こと森本慎太郎、松村北斗、田中樹、京本大我、ルイス・ジェシー、高地優吾が登場、そして「ジャニーズJr.大特集!」の文字が躍っています。東京&関西ジュニアが総勢78人も掲載されているそうです。通常の「Wink up」はNEWSやKAT-TUNなどデビュー組が前に、ジャニーズJr.はページを下った後に登場するのですが、今月号は表紙からずっとJr.がフィーチャーされています。思い切りのいいページ配分ですね。

 登場するJr.は“バカレア組”はもちろんSnow Man、Travis Japan、noon boyz、7WEST、B.A.D.、Veteran、Aぇ少年らのほかにも、神宮寺勇太、倉本郁ら『ジャニーズJr.ランド』(BSスカパー!)で活躍するメンバー、さらには同誌初登場の12人(関西は8人)のニューカマーも! 菅田琳寧(すげた・りんね)や川崎皇輝(かわわき・こうき)、元一輝(はじめ・かずき)、河下楽(かわした・がく)ら、スターになることを予感させるような名前が並びます。そしてひときわ輝く名前が「ヴァサイェガ光」くんです!! 全ジャニーズファンが「マリウス葉」を初めて聞いた時を上回る破壊力です。そんなヴァサイェガくんは、ジャニーズ事務所に応募したきっかけを「Sexy Zoneさんを見て自分も入ってみたいと思ったから」と答えています。カタカナネームの引力かと思いきや、憧れの先輩に「佐藤勝利くん」を上げ、はやくも読者の心を裏切りました。「ヴァサイェガ」は日本では珍しい苗字で苦労も多いかと思いますが、芸能人としては“持っている”苗字です。バラエティ番組などでイジってもらえるように、一刻も早く活躍できるように頑張ってください!

 さて「ジャニーズJr.の恋愛プロフィール」には……



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

八乙女光が滝沢秀明を4~5時間も振りまわした“恐ろしい”過去とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!