第二の中島

塩を持ち歩いて擦り付ける……ELT・持田香織が傾倒するトータルコーディネーターの怪

motida.jpg
「STAR」/avex trax

 またしても芸能界で洗脳騒動か。 11日発売の「週刊新潮」(新潮社)でEvery Little Thingのボーカル・持田香織が、“トータルコーディネーター”なる肩書きを持つ結城天蓮氏に傾倒していると報じられた。オセロ中島知子が自称占い師女性に心酔したことは記憶に新しいが、持田に関しても先頃から不穏なウワサが流れていたようだ。

 「Time goes by」「出逢った頃のように」などの大ヒットから早15年ほど。近年の持田といえば、2008年頃から「声が出なくなった」と批評されることが多くなり、実際に当人も悩みを抱えていたという。現在は再び歌を披露するシーンも増えたようだが、その復活に際してのキーパーソンとなるのが結城氏、そして結城氏の夫・岩本崇志氏だったようだ。持田は雑誌のインタビューやステージMC、さらにはテレビ番組でも、両氏への感謝の言葉を欠かさず捧げているという。

 新潮記事でもエイベックス関係者が「持田は天蓮先生に頼りきっていました。撮影の前には『美容にいいんだよ』と、天蓮先生から買ったという、金粉が入った粗塩を腕や足擦りつけ、袋に入れて持ち歩いて、『お風呂にも入れている』と言っていました」と証言している。

「事実、持田はここ最近になってマネジャーを1人辞めさせています。このマネジャーは結城氏らとの交際をよく思っていなかったのは明らかでしたが、持田はそれさえ気に食わなかったのか、クビにしてしまったようです」(芸能プロ関係者)

 さらに記事では、持田は8年前に両親と住むために購入した新居を08年末に離れ、現在は結城氏が経営する療正院の分院が入る賃貸マンションへ引っ越しているという。同マンションには持田のほかにも結城氏に傾倒するスタイリストやモデルらが何人も居住しているのだとか。

 端から見れば、持田は結城氏らのビジネスを助ける“広告塔”といったポジションに近いようだ。中には持田の勧めで金粉を買った著名人も存在しているという。

「あくまでウワサの範囲ですが、好感度NO.1女優・A、ヒップホップグループのメンバーと結婚した歌手・O、・天然系女優のYらそうそうたるメンツの名前が浮上しています。中には露骨に『最近の持田は気持ち悪い』と話すタレントもいましたよ」(同関係者)

 芸能プロの中堅マネジャーは持田の現状を「オセロ中島を連想してしまいますが、実質的にはターゲットを1人に絞って寄生した、自称占い師の手口とは少し異なります。藤原紀香らが傾倒した、風水建築デザイナーの女性に近いのでは」と分析する。

 記事は持田が実家を担保に借金をし、現在住んでいるマンションの裏に土地を購入、さらに新たな住宅を建築中だと締めくくられている。エイベックスや周囲の関係者も困り果てているというが、大きく報道されてしまった持田本人は、現在でも心境の変化はないのだろうか。

……ダメ、ダメ、この写真にツッコんだら負けよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー