しいちゃんの芸能解説講座【裏】

罵倒に有吉弘行も憤怒! 『Mステ』も『27時間テレビ』もタモリなら支持?

mstation.jpg
『ミュージックステーション』公式サイトより

編集S イギリスのバンド、オアシス(2009年解散)のノエル・ギャラガーが、来日中の5月25日に出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)について、自身の公式ブログで罵倒する書き込みをして物議を醸したみたいね。

しいちゃん 共演したAKB48について「工場から大量出荷された粗悪品みたいなAKB48という少女たちのグループがいたんだ。これは冗談じゃないぜ、そいつらは無駄に30人くらいいたんだが全員13歳から15歳くらいの糞ガキだったんだよ」と書いたって話ね。これはネットの掲示板から瞬く間に広がったんだけど、実際は「工場から大量粗悪品みたい」「糞ガキ」「無駄に30人」なんて書いてない。誤訳か、悪意を持って意図的に付け加えたものみたい。

編集S 実際、放送では普通に受け答えしてたもんね。「日本のお客さんの前でプレイするのが大好きです」「ライブに来てくれてうれしいです。フジロックでもお会いしましょう」って。外タレの二枚舌にはいつも怖い思いさせられるわ~。しかし、22名出演したAKBは、やたらと場所をとって多かったことは事実。

しいちゃん この誤訳版によると、ノエルはタモリについて「司会者はスカしたジジイで、ちょうどジェームズ・ボンドの敵役みたいな奴」と評してる。これに対して毒舌タレントの有吉弘行が応戦。27日に放送されたラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、ノエルの性格が悪くて、人の悪口ばかり言っているところが好きと絶賛したものの、タモリへの罵倒に対しては「じゃあ、途中で帰れクソバカ野郎。ノコノコ生で歌ってるんじゃねえよ、最後まで。タモリさんの悪口だけは許さないよ」と攻撃したの。といっても笑いながらだけどね。実際には、ノエルは「スカしたジジイ」とは言ってないらしいんだけど、「ジェームス・ボンドの悪役」とは言っている。サングラスをかけているからかしら? 昔みたいに眼帯だったらどう評価されるか気になるわー。

編集S タモリといえば、今夏の『FNS27時間テレビ 笑っていいとも!真夏の超団結特大号!! 徹夜でがんばっちゃってもいいかな!?』(フジテレビ系)の総合司会に起用されたでしょ。ベッキーがブログで「体調大丈夫かなぁ」と心配してたけど、本当に大丈夫かな。というかまたしれっとベッキーが自分アピールしているのはさすがね。

しいちゃん 昨年からフジテレビはネットユーザーから「韓流ゴリ推し」と嫌われてるんだけど、このタモリ起用に関しては「期待できる」「タモリなら見る」と評価してる。

編集S タモリの看板番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)はどうなの。ここ数年、何度も終了説が流れているけど。

しいちゃん 一時はかなり低迷していたけど、不思議と最近は若者ウケがいいみたい。「メルマガNEWSポストセブン」(小学館)16号で、この4月から『いいとも!』にレギュラー出演している坂上忍にインタビューした吉田豪がこう言ってる。「最近、『いいとも!』が変わってきてるんですよね。西村賢太さんが昼間から風俗の話をしたりとか、わざと『なんだあれは!』みたいに言われようとしてるんですよ」。坂上は、「ああ、じゃなきゃ僕が呼ばれるはずもないですよね」と回答。

編集S 確かに、21日にはマンガ『モテキ』(講談社)の作者、久保ミツロウが初めてテレビ出演して、「女性だったのか」と話題になったね。これまではテレビ出演の依頼がきてもずっと断っていたのに、「(大好きな)タモリさんと同じ時代に生きてる証がほしかった」という理由で出演したんだって。

しいちゃん そうそう。そこで千原ジュニアを前にして「東京に来てまで方言をしゃべってる男の人って地元での成功体験を引きずっている」、「ブログがつまらない女と結婚する」と言い放ち大ウケ。タモリももう66歳。おじいちゃんだけどこれほど若者に支持されているなんてすごい!

編集S そうね。タモリさんが『27時間テレビ』で倒れないようみんなで見守らなきゃね。まあ、倒れそうになったらユンケルを差し出せばいいんじゃない? タモリが栄養ドリンクのCMキャラクターだったなんて、みんな忘れていそうだから!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

罵倒に有吉弘行も憤怒! 『Mステ』も『27時間テレビ』もタモリなら支持?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!