[官能小説レビュー]

6人の男たちによる回想よって浮かび上がる、女の多面性と性愛

6人の男たちによる回想よって浮かび上がる、女の多面性と性愛

 女は、場所によってさまざまなキャラクターを使い分ける。恋人の前、仕事の顔、家庭での顔……その場その場で刹那的に自分を演じ分けすることで自らを確立し、社会で立ち回っている。女のキャラ設定は、相手が男となるとさらに本領を発揮するのではないだろうか? 気になる男の前、本命の男の前、あるいは、男として魅力を感じない相手の前でも、女はあらゆる手段で男に対して及第点を得ようとする。そして、男にはそんな女の作戦などは悟られていないのではないだろうか?  今回紹介する『七色の笑み』の主人公ノエミは、タイトルのとおりさまざまな顔を使い分けていた。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

6人の男たちによる回想よって浮かび上がる、女の多面性と性愛のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!