バツイチ男が花ざかり

デート写真が撮られまくりの浅野忠信&仲里依紗、事務所の計算?

asn_tdnb.jpg
独身生活をエンジョイでよござんすね

 今年2月に「フライデー」(講談社)で交際を伝えられた浅野忠信と仲里依紗が、「これでもか」と言わんばかりに複数の週刊誌にデート現場を激写されている。最初の報道の時点で路上キスまで掲載されたふたりだったが、その後も花見デートや自宅周辺でのデートが伝えられている。

 さまざまな報道によると、ふたりの交際を結びつけたのは浅野のかつての不倫相手だったダイアナチアキといわれている。浅野は当時の妻だったCHARAと離婚したが、幼馴染というチアキから仲は浅野を略奪したことになる。

「しかしそんなネガティブ報道をかき消すかのように、浅野は仲との交際を認めました。双方の所属事務所も初めから『大人なのでプライベートは本人に任せています』と交際を否定せず、いまや誰もが公認するカップルになっています」(芸能ライター)

 仲の所属事務所といえば、福山雅治やサザンオールスターズら大御所が多数所属する大手芸能プロダクション。メディアにも強い影響力を持ち、福山が吹石一恵との交際をスクープされた際には、各社とも報道を差し控えていた。

「福山の交際情報は複数社が掴んでいたものの、大手プロには逆らえませんでした。しかし仲の場合は打って変わって、新聞やワイドショーの後追いもガンガン行われた。仲の事務所からすれば、浅野は仲より格上のタレントだし、本人たちも交際を隠すつもりもないことから『逆に利用してやろう』と考えたのでは」(週刊誌記者)

 しかし浅野は14年間もの間連れ添ったCHARAと2009年に離婚、ふたりの間に2人の子どもを設けました。CHARAは近しい関係者に「まだ子どもも10代なのに、あんな写真を撮られないでほしい」とこぼしているという。仲との馴れ初めに関しても、過去の不倫相手が紹介した女優ということが公になっているだけに、大きく報道されることはCHARAにとって苦痛なのだろう。

 一連の交際報道は、事務所バランスでいえば仲サイドが主導権を持つ形だ。当人たちの心境はわからないが、自分たちのことだけでなくもう少し周囲に気を使ったほうがいいのかもしれない。

『Dark Candy(初回限定盤)(DVD付)』

一方、元嫁はアーティストをこじらせ中

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
吉井和哉との熱愛報道、真鍋かをりの”火消し”活動に業界からは冷めた声
TBSとスポニチのおいしい関係? 観月ありさの”出来すぎ”熱愛報道
交際報道の翌日に! 赤西仁、黒木メイサとふたりで仲良く買い物 
熱愛発覚から10年……渡部篤郎&中谷美紀の”略奪婚”に赤信号?
罪悪感に似た恐怖から? 鈴木保奈美が夫の合コン会場に乗り込んだ!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー