手ブラまでやってるのに......

懐柔策もそろそろ限界! AKB48スキャンダル、秋には解禁?

maedaatsuko02.jpg
プライベートに気をつけて〜

 いまだ衰えぬAKB48人気。世間を飽きさせないさまざまな仕掛けはもちろん、メディアとより良い関係を築いたこともAKB人気が長く続いている理由だろう。本来なら敵である週刊誌やゴシップ誌の取材も積極的に受けることで懐柔し、スキャンダルを封じ、ファン離れを起こさせないことに成功している。しかしそんなスキャンダル封じが通じるのも今年夏まででは……と週刊誌関係者は語る。

「『週刊文春』(文藝春秋)、『週刊新潮』(新潮社)以外は写真集利権などを与えてもらっているため、AKBネタはNGなのは有名です。しかし高橋みなみの母親の逮捕事件を報じなかったことから、新聞、週刊誌の姿勢を疑う声があがり始めている。取材を行う記者からも不満の声があがりつつあります。AKB御用達週刊誌と揶揄されているある週刊誌では、そんな姿勢に嫌気がさしてかこの1年間で複数の記者が他誌へ移籍しているほど」(週刊誌記者)

 今まではAKBを起用すると売り上げが倍増したため、それを言いわけに現場の記者を説得することもできたが、その売上効果にも陰りが見え始めているという。

「光文社から発売された『AKB48じゃんけん大会』ムックは大量に在庫を抱えるはめになり、上層部は頭を抱えています。『週刊プレイボーイ』もAKBが表紙になっても売り上げが伸びなくなってきたため、AKBブーム終焉と共に共倒れするのでは……という声まであがっています」(芸能ライター)

 また芸能事務所最大の敵といっても過言ではない「フライデー」も、年内中にはAKBスキャンダルを解禁するのではと言われている。

「今年もGW後に総選挙を行いますが、そのムックを発売するのがフライデー。その売上次第ではAKBとの付き合いを検討するようです。『週プレ』同様に、AKBの旨みがなくなってきていますからね。関係者も『総選挙ムックの売上がイマイチならスキャンダル解禁でしょ』と話しているようですから、早ければ総選挙バブルが終わった秋頃にはスキャンダル解禁されるはず」(コーディネーター)

マスコミを懐柔することでスキャンダルを封じてきたにも関わらず、Twitterやブログなどで自爆して卒業に追い込まれるメンバーも多いAKB48。「叩けばホコリはいくらでも出る」とうわさされるAKB48だけに、週刊誌がスキャンダルを狙いだしたら、モーニング娘。どころの騒ぎではなくなってしまうかもしれない。ファンを悲しませるようなスキャンダルの噴出がないと願いたいのだが……。

AKB48 アイドル生ブロマイド 選抜じゃんけん大会

手ブラグラビアまでやったのに!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「目寄りすぎてんじゃないの?」発言にみる、タモリと前田敦子の不思議な関係
「秋元康もAKBメンバーの一人」? AKB48の真のプロデューサーとは
ネガティブな前田敦子と空回りする『情熱大陸』ナレーション
高橋みなみ母の逮捕で露呈した、AKB48とマスコミの”お付き合い”事情
AKB48渡辺麻友の意外な行動にスタッフが「一番プライドを傷つけられた」

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

懐柔策もそろそろ限界! AKB48スキャンダル、秋には解禁?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! AKB48芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!