• アラフォーでもなおアイドルとして君臨! SMAPの類まれなる安定感に迫る
その他
『Jマニア』レビュー

アラフォーでもなおアイドルとして君臨! SMAPの類まれなる安定感に迫る

jmania129.jpg
『Jマニア』129号(鹿砦社)

 ジャニーズ情報専門月刊誌『Jマニア』129号(鹿砦社)の巻頭グラビアに、テゴマスが登場。マスクですっぽりと顔を隠したプライベートショットを見ることができます。顔を隠しながらも、着ているパーカーはド派手なヒョウ柄という増田。さすが、アイドルのオーラを醸し出しています。記事は「今後のNEWSの行方を担う」と題し、ジャニーズ事務所がテゴマスに寄せる期待の大きさを伝えています。果たしてNEWSのグループとしての活動再開はいつになるのでしょうか。

 さらに、今年結成10周年を迎えるタッキー&翼の最新ショットも公開。昨年11月22日、ラゾーナ川崎で開かれた新曲発売記念イベントで互いに手の甲にキスをし、手をしっかりつないだタキツバ。そのふたりのニコニコ&ラブラブショットには心なごませるものがあります。今年はどんな活動を展開するのか楽しみですね。

 「Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z デビューから浮かぶジャニーズの新機軸」という記事では、立て続けにデビューした3グループのCD売り上げなどを詳細に比較分析し、ジャニーズの思惑と今後の方向性を予測します。Kis-My-Ft2デビュー以降、握手会を頻発させたジャニーズ。A.B.C-Zは、ジャニーズで初めてのDVDデビューというスタイルを実現させました。今後、アイドル育成のメソッドに変化はあるのでしょうか。

 特集は「どうしてこんなに長寿なの? アラフォーアイドルSMAP研究」と題して、長らく国民的アイドルの座に君臨し続けているSMAPの人気の秘密に迫ります。ここ数年は高齢化と凋落がささやかれるようになっていましたが、昨年2011年は、東日本大震災、中国公演、結成20周年イベントなどを通じて「やはりまだまだSMAPでなければ」という底力を見せつける1年となりました。

 人々を納得させ、安心させることのできる人望、安定感は、アラフォーとなった、今のSMAPだからこそ醸し出せるものです。結成の年に生まれた子どもはもう成人。物心ついた時から空気のようにSMAPを見て聞いてきたという、文字通り「国民的アイドル」のSMAPは、なぜトップアイドルの座に居続けることができるのでしょうか。さまざまな角度から分析します。

 今月も秘蔵ショットあり、ジャニーズの本質に鋭く斬り込む記事ありと、盛りだくさんの内容の『Jマニア』です。

『Jマニア』129号の詳細はこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー