[女性誌速攻レビュー]「JJ」10月号

「JJ」の異文化侵食が始まった! ギャルもストリートもヤンキーもOK!

jj1110.jpg
「JJ」(光文社)10月号

 発売日にもかかわらずコンビニを4軒はしごしてやっと「JJ」(光文社)購入できました。秋元康氏が「おしゃP」をプロデュースする「おしゃP育成プロジェクト」が始まり、雑誌以外のメディア展開も見え始めてましたが、肝心の本体は弱体化してたりして……なんて邪推が申し訳ないほど、面白い変化が今号では起こっていました。攻め攻めなムードが漂う10月号を早速レビューしていきます。

<トピックス>
◎紗栄子のLOVEボディを
◎いいね!おしゃP全員「こなレトロ」推し!
◎さすが関西!おしゃP旋風が止まらない件

■原宿系読者モデルが登場

 双子のモデルAMIAYAといってピンとくる人はどれくらいいるんでしょうか。鈴木亜美&亜耶または鈴木姉妹と呼ばれていたふたりが、いつの間にか横文字に改名されたようなんです。彼女たちは「Zipper」(祥伝社)「mina」(主婦の友社)などその手の雑誌では売れっ子の読モ。原宿を歩けば地方から遊びに出てきた中高生が写真をせびるというほど超人気で、テレビ出演も多数。現在も「古着MIXガールズ」(学研パブリッシング)、「NYLON」(カエルム)などでいわゆるストリート系でバリバリ活躍しているのに、「JJ」で「真似したい(はあと)」と言われて登場しちゃってます。ざっくり言うと、きゃりーぱみゅぱみゅと同じサークルの先輩が出ちゃってるんです。しかもおしゃPとして。赤文字と青文字の垣根はすでに消失してるんだと実感せざるを得ません。

 とは言え、なにも唐突の登場ではなく、おしゃPを多く抱えるアパレルブランドで彼女たちがブランドを持ったことが背景にあるのは想像に固くありません。垣根をとっぱらったのは「JJ」というよりそのアパレルメーカーとですが、それにしても見逃せないです。

■元祖カリスマショップ店員の登場

 その一方で赤文字と青文字の垣根の消失を後押しするような、ギャルとストリートの融合も「JJ」で始まっていました。「おしゃPのパイオニア」として紹介されているのが、あの森本容子! 元祖カリスマショップ店員の新連載がスタートです。エゴイスト渋谷109店の販売員~「moussy」のプロデュース~「KariAng」の立ち上げ、と確かに森本さんはおしゃPすぎるほどの経歴の持ち主。バリバリのギャルカルチャー出身で「S Cawaii!」(主婦の友社)の表紙を飾っていたような森本さんが、当時は敵対あるいは眼中になかったお嬢様志向雑誌「JJ」に出ているのはまさに時代と文化の流れを象徴しているようです。連載では、森本さんがセルフプロデュース術を紹介していくそうです。

 それにしてもギャル文化を作った裏番長・森本さんと現ストリートカルチャーのヘッド・AMIAYAが堂々と相まみえる雑誌がいままであったでしょうか。90年代に始まった「egg」(太陽図書)、「Cawaii!」のギャル派と「Cutie」(宝島社)らストリート派の抗争がついに「JJ」によって統合されるとは……。

■”梅島のマドンナ杏奈”参上

 ギャルとストリートを揃えるだけでは物足りなかったのか、今月の「JJ」は”ヤンキー”文化の継承者まで押さえてきました。「やんちゃは中3で卒業しました(笑)」と「小悪魔ageha」(インフォスト)的なキャッチで鮮烈に登場した16歳のおしゃP・藤田杏奈さん。小学生の時に両親が離婚、学校で暴れるようになる、中学校は数えるくらいしか行ってない、「大きな声では言えないようなことをたくさん……」という「弱冠16歳ながら波乱万丈」な身の上に心を掴まれます。好きな歌は工藤静香やテレサ・テン。好きなのは男気のある人。ホント、「CAになりたい」とか言ってた「JJ」から思えば遠くにきたもんだ……。

 やんちゃ時代の証も掲載されています。上下ジャージ&眉毛なしの顔で睨みをきかせ、誇らしげに「足立 梅島」と書いた中学時代のプリクラは味わいがあります。中学時代は「梅島のマドンナ杏奈」と呼ばれていたそうです。こりゃあホンマもんやで~。でもちゃんと朝5時に起きて弁当作って会社に行ってるそうですよ。一応、ちゃんとしたおしゃPなので!

 いまの「JJ」の好調の要因のひとつは、ギャル、コンサバ、ストリートなど属性が異なるとされてきたファッションが「おしゃP」という名の元に集結されているという点でしょうか。だからこそ、秋元康とか紗栄子といった”分かりやすい”表看板に余計な媚びが感じられるのも確かです。でも商業誌には、そういう面も必要。もっともっとハングリーになってカテゴリや文化をミックスさせてほしいと期待してしまう一冊でした。
(二宮まい)

『JJ (ジェイジェイ) 2011年 10月号』

秋元でオヤジ臭がでてきたな

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
おしゃP勢力拡大で揺れるモデルの立ち位置……「JJ」は絶賛おしゃP祭り
「JJ」ターゲットはアラサー!? 一気に老けた「JJ」ファッションに注目
「JJ」に異変あり! 総力をあげて打ち出す「おしゃP」とは一体?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー