[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「どの彼女のこと?」SMAPファンミーティングで際どい質問がメンバーに!

smaplive.jpg
今生の幸せをありがとう!

 今年でデビュー20周年を迎え、14日から福岡、札幌、神戸、名古屋の4地域で”ファンミーティング”を開催しているSMAP。「番協や舞台挨拶に参加できない地方に行きたい」「できるだけファンの近くで楽しみたい」と、あえて数千人規模の会場を選んだということで4会場の合計参加者はたったの1万5,000人ほど。これは普段SMAPが行っているドームコンサート1回分にも満たない人数であり、むろんチケット入手は至難の業。FC会員&該当地域在住者の申し込みに限定しているとはいえ、ネットオークションでは30万近い値(21日現在)でチケットがやりとりされるほど超プレミア化しているのだ。

 そんな激戦をくぐりぬけて参加したファンによると「ありえないくらい近い距離にSMAPがいて、まるで夢のようだった!」と、誰もがうっとり。

 また、17日に札幌で開かれたファンミーティングは中居の誕生日前日ということもあり「ハッピーバースデー」の合唱でお祝いしたという。

「ちゃんとケーキも用意されてて、中居くんは『ろうそく5本立ってるけど、俺50歳じゃないよ?』って笑いながら火を吹き消していました。その後、慎吾が『40歳おめでとう!』って言ったら『40じゃねぇよ!』って返してて……照れてるっぽい雰囲気がすっごくかわいかったです」(参加した30代のファン)

 さらに、質問コーナーでは「みんな仲いいんですか?」「メンバーが女性だったら彼女にしたいのは?」などの質問が飛び交うなか、「一番好きな曲はなんですか?」の質問に「僕は『この瞬間、きっと夢じゃない』です!」と答えたのは草なぎ剛。理由を問われ……

「謹慎してたときにすごく励まされた曲だから」
「謹慎は2カ月? あ、1カ月か~」

 とあっけらかんと言い放ち、中居と木村に「お前、これくらいの規模だからって何でも言っていいと思うなよ!」「SMAPがSMAPに励まされたのかよ」とツッコミを受ける一幕も。ちなみに福岡会場では「使っている香水は?」の質問の際に「彼女さん、すごく香水使ってますよね?」と言われた中居は「どの彼女のことー?」と返すなど、さすがのMC力を発揮したという。

 その後、会場からパートナーを選んでの風船割りやミニライブなどのコーナーが続き、ついにファンが待ち望んでいた”握手大会”へ。準備をする間に現れたスタッフの説明によると、福岡会場で握手会を開催したため「他の会場でやらないわけにはいかないでしょ」と、メンバー主導で握手会を行なうことを決めたそう。さらに「福岡では時間がなかったのでスタッフが皆さんの背中を押しましたが、メンバーから『速いよ』と言われて。ほんとにSMAPは優しいんです」とうれしい説明が続きファンの期待は高まるばかり。

「木村くんはザ・キムタク! って感じでオーラがハンパなかった(笑)。稲垣くん、草なぎくん、香取くんもみんな目を見て笑顔で『ありがとう』って両手で握手してくれたんですが、何がなんだか分からないまま通り過ぎた感じで……。最後、中居くんだけ少し離れた場所にいたので記憶がはっきりしてるんですが、『またね』って優しく笑ってくれたのが印象的でした。潔癖症だから握手なんて絶対苦手のはずなのに、中居くんの気持ちが嬉しかったです」(同)

 握手が終った途端に泣き出してしまう人、緊張から解放されて壁にもたれる人、友達と手を取り合って呆然とする人など、反応はさまざまだが、SMAPと触れ合えた感動は一生の宝物になったはず。

 最後の挨拶では「20周年という機会に、こんなに近い距離でイベントできて楽しかったです」(木村)、「また、絶対にやりたいです」(稲垣)、「40になっても60になっても、俺たちについてこいよ。そしたら俺は逃げるから(笑)。だって、すげえ追いかけてくるんだもん」(中居)、「20周年だけど、ここがスタートだと思ってます」(草なぎ)、「僕の夢は20年後もSMAPでいることです」(香取)と、それぞれの想いを真摯に語ったメンバー。今のところ国内でのコンサートは予定がないが、今回のファンミーティングでファンの熱い想いは感じられたはず。中国コンサートの次の発表を期待して待ちたい。

『スマップ・エイド』

ナカミーのことじゃないと思うよ?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
相次ぐタブー解禁CMは嵐への対抗心? SMAPが図る戦略
「何なんですかね? あれは」木村拓哉が嫌煙ブームにヒトコト
「嵐、かわいそう」、中居正広がボルテージ下がりまくりの紅白を語る!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク