[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐効果で軒並み高値! 紅白歌合戦の観覧券がオークションで30万円!?

arashi-all02.jpg
嵐もいいけど森進一もちゃんと見てあげてね……

 当選1,313組に対し、観覧希望のハガキが75万9,480通寄せられ、約578倍(NHK発表による)という倍率を記録した、大みそか『第61回紅白歌合戦』(NHK)。応募締切りは、嵐が白組司会を務めることが発表される前だったが、関係者によると「昨年から嵐をはじめとするジャニーズ枠が増えたため、今年も出場するだろうと見越して申し込んだファンが多かったのでは」とのこと。そんな中、この観覧入場整理券がインターネットオークションでも例年以上の高値で取引されていることが分かった。

「ヤフーオークションでは、開始時の価格が20万円~25万円というものがほとんど。そこから値が上がり、軒並み約30万円前後で落札されているようです。これまでも同様に入場整理券の取引は行われていましたが、一昨年までは10万円前後、また、昨年でも平均約15~18万円程度で売買されていて、今回はほぼ倍の値がついていることになる。当然ながら嵐が白組司会に抜擢されたことが大いに関係しているでしょうね」(ジャニーズウォッチャー)

 こうした売買について、NHK側としては入場整理券等に「売買禁止」「インターネットオークション等での転売禁止」と明記するとともに、「サイト主催者などに申し入れを行なうなどの対応をしている」というが、「売買については個人取引にあたるため、残念ながら法的に取り締れないのが現状」とNHKの公式サイトには書かれている。無料で当選したハガキに(厳密に言えば応募時のハガキ代のみで)ここまでの値がつくとなれば、当選者にとってはまさに”嵐
様々”といったところだろう。

「ジャニーズファンにとって年末年始の恒例行事といえば”カウントダウンコンサート”。嵐もこれまでは例年このコンサートに参加してきましたが、さすがに紅白司会を務める今回は、時間的にも距離的にも会場に駆けつけることができない可能性が濃厚と見られています。さらに、単なる出演者ではなく司会者ともなれば、衣装チェンジもあったり出番も多い。カウントダウンコンサートの会場である東京ドームより狭いし、長時間彼らと一緒に過ごせるうえ、最初で最後になるかもしれない紅白歌合戦司会の方にファンが魅力を感じるのも当然でしょうね」(同)

 昨年、第60回という節目を迎え、矢沢永吉やスーザン・ボイルの登場などビッグな”サプライズ”を連発したものの、平均視聴率は関東地区で前半37.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、後半40.8%とギリギリ40%台を保った程度で終わってしまった。しかしwebサイト「モッピーラボ」の調べによると、「今年のNHK紅白歌合戦を見るか」との質問に10代の60%以上が「必ず見る」「たぶん見る」と回答するなど、例年以上に若い層から注目が集まっていることが分かる。2010年、日本中を吹き荒れた”嵐”がここにも吹き荒れるのかーー?

『ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】[通常仕様] 』

カウコンの倍率は下がったのかな?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
海老蔵事件の現場となった、”危険なビル”に入り浸るジャニーズたち
楽屋で猛特訓も前途多難!? 天才バーテンダー役に挑む相葉雅紀
嵐だけではない、自殺したAV女優が告白したジャニタレとの関係

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク