しいちゃんの芸能解説講座【裏】

「そのbestは買う必要はない」宇多田ヒカルの不買運動はなぜ起きた?

utadathebest.jpg
『Utada The Best』/ユニバーサ
ル インターナショナル

編集M てっきりもう人間活動を開始していると思ってたんだけど、ペプシのCM出たりまだ俗世にいるんだね、宇多田ヒカル! そしたらさ、自分のベストアルバムの不買運動をけしかけてるっていうじゃん。マジ何事? 

しいちゃん そうそう。人間活動は来年からなのよ。こんな騒動起こしちゃって、どうしちゃったのかしらね~。

編集M もう俗世に興味はないから金は儲けなくてもいいとか、そんな感じ?

しいちゃん 11月24日にEMIから過去のシングルと新曲を合わせた『Utada Hikaru Single Collection Vol.2』というベスト盤が出るんだけど、その発売日に、ユニバーサルから『Utada the best』が発売されることになったの。こっちは過去にUtada名義でアメリカで発売した楽曲を収録したもの。これについて、宇多田がブログやツイッターで「”Utada the best”は私の意志とは無関係のリリースです」「Utada名義の過去作品を持っている人は、そのbestは買う必要は無いよ、と言いたい」「予約を考えている人は、少し待ってください」と発言したわけ。

編集M うん? 宇多田は別にユニバーサルの方は出したくないってこと? なら出さなきゃいいじゃん。出しといて買うなって言われても、マジ戸惑うんですけど~。「Automatic」のPV初めて見た時なみに戸惑うんですけど~。宇多田が嫌なら出さなきゃいいじゃん。

しいちゃん 難しい問題なんだけど、音楽作品には「原盤権」といって、音源を発売する権利があるの。アーティストとの契約にもよるけど、多くはレコード会社がレコーディング費用を負担する代わりに原盤権を持っている場合が多いわね。原盤権は、著作権とは別のものだから、原盤権を持っているレコード会社はアーティストの意思とは関係なく楽曲を発売できる。”芸能界のドン”と呼ばれて恐れられている某氏は、多くの歌手の原盤権を握ることで巨額のカネを生み出してるって話よ。

編集M 出た、芸能界の都市伝説! さすがはドンね。ぬかりがなさすぎるわ~。っつうことは、Utada名義のベスト盤は契約上の問題はないんだ。

しいちゃん そうなの。 当然ながらユニバーサル側は、「契約に問題はない」とコメントしてる。芸能記者サンいわく「12月にライブを控えてるし、EMIからもベスト盤が出るということで、話題性を考えて発売日をぶつけてきたんでしょうね。まあ、収録曲がカブってるわけじゃないので相乗効果で売れれば悪い話じゃないのでは?」だって。

編集M でもでも、アーティストにとってCDって商品であると同時に「作品」なワケでしょ。勝手に売られたら、そらぁー怒りたくもなるわなぁ。

しいちゃん そうなのよ。過去には、DREAMS COME TRUEがレコード会社を移籍する際、勝手にベスト盤を出されて、メンバーがファンクラブ会員に”不買運動”を行ったり、「解散するまでベスト盤は出さない」と公言していたスピッツも会社の都合でベスト盤を発売されて一悶着あった。皮肉なことに、スピッツのそのベスト盤は200万枚をこえるヒット。なんだかんだでベスト盤って売れるから、レコード会社としては出したいんでしょうね。

編集M マジで!? スピッツのベスト欲しいし! でもさ、聞いてる音楽がベスト盤ばっかりの人っているじゃん? なんか内面も薄そうで、残念な感じだよね~。でも、アーティスト本人に「買わないで」って言われたら、熱心なファンは戸惑うと思うよ。

しいちゃん ネットでは賛否両論あるね。「本人の意志を尊重したい」というものから「結局、宣伝になったね」なんて皮肉や、「海外進出失敗したのをなかったことにしたいのでは?」なんて勘ぐる人も……。宇多田自身はツイッターで「レコード会社がベストを出すことに反対してるわけじゃないです。彼らにはその権利がある。ただ今回は、UniversalがEMIのアルバムと同じ発売日にしたことは、レコード業界から見てもちょっと非常識な、失礼なやり方なのでは?というのが問題なんです」とフォローしてる。

編集M あれ? ユニバーサルのベスト盤がアマゾンの予約で1位になってるよ! 「宇多田さんのツイッター参照」「本人から購入非推奨のお墨付き」なんて言葉も付いてる。騒がれて結局いい宣伝になっちゃったみたいよ。……え、そういう陰謀? ネガティブキャンペーンによるポジティブ効果? どこの代理店の仕業!? と、とにかく両方売れるんだろうから、宇多田さんは人間活動の予習でもしててくださいってか!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク