[連載]イケメン図鑑

「船舶免許がほしい!」劇団EXILE秋山真太郎クンの休日は朝から釣り三昧!

akiyama1.jpg
秋山クンの溢れ出る男気にクラクラ~

 あれこれ目移りしてしまうほど、世の中にあふれるイケメンたち。その中でも、特にサイゾーウーマン一押しのイケメンたちをファイリング♪ もう、インタビューで見せてくれるそのスマイルにメロメロになっちゃう~!! 10月9日より公開の映画『乱暴者の世界』で主人公・カミオを演じた、秋山真太郎クン。凛々しく精悍なお顔立ちで男の魅力あふれる秋山クンだけど、作品では人の心を操る超能力者を演じてミステリアスなムード満点。素顔が気になる秋山クンに直撃してきました!

――映画『乱暴者の世界』は、現代の東京が舞台なのにSFテイストも感じられる面白い設定でした。その世界観を体現する超能力者という主人公役、役作りには苦労した?

秋山真太郎(以下、秋山) 僕の演じたカミオという男が「パラレルワールド」の世界を知り尽くしている人物なので、僕もとにかく「パラレルワールド」の概念だけは徹底的に理解してやろうと思いました。ただ僕は文系だったので数学や物理まで理解したうえでのレベルまではいかないですけど……。自分なりの「パラレルワールド」に対する考えを語れるレベルまで知識を持っていきましたね。そう、みんなパラレルワールドなんて存在してないって思ってるじゃないですか、でも本当にあるらしいんですよ!

――なんだか信じがたいけど、秋山クンが言うなら信じるわ! カミオは、口数も少なくて他人とコミュニケーションをとるのがとっても苦手な性格だけど、演じてみてどうだった?

秋山 カミオって自分の世界だけで生きてきて、何もかもが自分の思い通りに運んできた生き方をずっとしてきたなんだろうな、って思いましたね。あと、僕は九州の長崎出身なんですが、カミオも九州男児的な亭主関白で男が女を引っ張るようなイメージがありますね。でも、彼はそもそも性格というもの自体が空っぽでないような人物なのかも。

――作品の中で印象的だったシーンを教えて!

秋山 とにかく一週間から10日くらいで撮影したので、相当大変な現場でしたね。作品冒頭で山中を車が通るシーンがあるんですが、冬の山梨での撮影だったのでとにかく寒かったです(笑)。僕のシーンではないんですが、エンディング近くであゆみ(黒澤ゆりか)がライブハウスで歌うところがいいですね。それと、最後にある物をポッケに入れるシーンかな。

――10日間だったの!? 現場は本当大変そう……。

秋山 ミュージカル『テニスの王子様』に出させて頂いたとき、僕はすごい大変な役で70公演もあったんですよ。そこでプロ意識を持つようになりましたね。自分のコンディションを維持することが必要で、あたりまえのことだけど、ケガをしないで健康体でいることって大切なんだなと思いました。

akiyama4.jpg
元モデルだっただけに何してもキ
マっちゃう!

――カミオは人の心を自在に操れる超能力を持っていたけど、もし秋山クンが超能力を手に入れらえるとしたら、どんなパワーが欲しい?

秋山 超能力ですか? ん~、ドラえもんの道具で言うと「翻訳こんにゃく」。外国旅行も好きなので言葉が分かったら楽しいですよね。あと、ヨークシャテリアを飼ってるので何を考えてるのか分かりたいな。

――秋山クン、現在は劇団EXILEに所属してるわよね。一体どんな雰囲気なのかしら?

秋山 僕が入団したのは、元々所属しているいまの事務所に声をかけられたのがきっかけで、それ以外にもオーディションで入ってきたメンバーもいる若手の多い集団です。その中では俳優として経験値のある僕が引っ張っていく役割になっていかないととは思っています。12月には新舞台もあるので!

――プライベートではアウトドア派?

秋山 そうですね。最近はもっぱら釣りで! テニミュで共演したコに、シーバス釣りに連れて行ってもらったらハマっちゃいました。釣りの日は早朝に起きて、気合い入ってますよ。釣りの道具もいろいろ買い集めるから、お金がかかって仕方ないんですよ(笑)。船舶免許もとりたくなってきたし。

――自宅ではどんな風に過ごしているの?

秋山 映画鑑賞ですね。地元の長崎にいたころはスケボーもしてたんで、映画も『KIDS』『パラノイドパーク』というストリートカルチャーの匂いのする作品が好きです。『KIDS』はエンディングも衝撃的だし……。それ以外だとモニカ・ベルッチ主演の『マレーナ』が素晴らしい! 少年が片想いする未亡人役をモニカ・ベルッチが演じているんですが、とにかく彼女が美しくて。イスに座って煙草をくわえると、男が一斉に火を差し出すんですよ。僕もいつか絶対やってやるって思ってます。火を差し出される役で(笑)。

――自分主演で作品撮ってみちゃえばいいのに! 作る方にも興味が出たりしない?

秋山 そうですね、ゆくゆくは撮ってみたいと思います。でも当面、年内にもう1本、この作品の中田圭監督と撮りたいねって話をしてるので、それが決まるとうれしいです。でも、撮影始まったらまた10日間忙しくて釣りどころじゃなくなっちゃうな……(笑)。

akiyama2.jpg

秋山真太郎(あきやま・しんたろう)
1982年7月8日生まれ。長崎県出身。血液型A型。身長184cm、。08年、ミュージカル『テニスの王子様』忍足役で注目を浴びる。劇団EXILE華組の一員。主な出演作は、舞台『ユーエバ8号』『六惡党』、『KILL THE BLACK』、映画『人間図鑑』、『Wiz/Out』など。10月23日からは『ネムリバ』も公開。
・公式ブログ「秋山真太郎の幕開け


映画『乱暴者の世界』
人間の心理を自在に操る超能力者・カミオとその力が及ばない唯一の男・恵介。恵介を陥れようと、カミオは恵介の彼女・あゆみを奪い、社会的にも存在しない人間としてしまう。世界で孤立してしまった恵介がカミオとの対決に挑み、その闘いでカミオの秘密が暴かれる……。
公式サイト

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
甘~いマスクに熱いハート! 心意気までイケメンの斎藤工クン
「何回もベッドシーンの練習をしました」無邪気な笑顔の栩原楽人クンに接近
BL映画に初挑戦の植野堀まことクン、強がる男の気持ちに共感! 

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク