[ジャニーズ・メディアの裏側]

赤西仁、アメリカ公演のチケットがほぼ完売! 幸先よいスタート

akanishijin11.jpg
ほぼ完売なんて、やったね仁!

 日本時間の4月16日午前2時(現地時間4月15日午前10時)、米・ロサンゼルスで行われる赤西仁のソロライブ『You&Jin』のチケット販売がスタートした。

 このライブ、日本でのチケットの取り扱いはいっさいなく、公式ツアーの予定もない。そのため、ファンは自力でチケットを獲得するしかないのだが、公式サイトではチケット販売窓口として「All American Tickets」「Ticketmaster」の2社を案内。どちらもネットを介して購入できるため、平日深夜にも関わらずチケット購入を試みるファンが多かったようだ。

「友人と手分けしてチケットを購入したんですが、どの席にしようか迷っている間にどんどん席がなくなっていって、ホントに焦りました。どうにか3公演分の席を確保できたときはホントにうれしかった! ひと息ついて確認してみたら、アメリカンチケットはすでに完売でしたね。チケットマスターも初日は完売してました」(赤西の熱心なファン)

 会場となるClub Nokiaの収容人数は2,300名程度。販売開始してから数時間で初日は完売し、2、3公演目は後ろのほうの席を少々残すのみで、今のところチケットの売れ行きは上々といえそうだ。

 また、現地の日本語ケーブルテレビ局「UTB」ではライブCMを放映。赤西の「日本から出てやるって……ちょっと怖いっすけど、楽しんでやりたい」というコメントとともに、日本で行われた『友&仁』ライブの映像が組み込まれ、臨場感あふれる仕上がりとなっている。さらに、現地で配布されている日本人女性向けのフリーペーパー「l’ovest」にも、カラー広告が掲載された。日本での活動に比べればはるかに地味な扱いではあるものの、「ジャニーズ初の試み」に裸一貫で立ち向かおうという心意気が感じられる。

 今のところClub Nokia以外でのライブ予定はなく、雇用ビザを利用して5~10月に滞在しながら、現地での公演オファーを待つ体制だという赤西。まずは6月のライブを成功させることが第一関門となるわけだが、チケットの売れ行きを見る限り、先行きは明るいといえそうだ。

『るるぶロサンゼルス’10』

Club Nokiaってどうやって行くのかしら?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
渦中のアノ人がタッキーの舞台に飛び入り出演、渡米をネタにされる!
ジャニー喜多川氏の悲願!? 赤西仁ロス公演に届かぬメンバーの声
熱烈オファーはウソ!? 関係者が語る、赤西仁の海外公演のウラ側

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー