[TVツッコミ道場]

香椎由宇の不思議番組に飲み込まれた、森三中の”借りてきた大島”

kasii-paris_edited-1.jpg
『パリ本』/講談社

 今回ツッコませていただくのは、4月5日に放送された『プロジェクト・カシイユウ』(日本テレビ系)という番組。タイトル通り、女優・香椎由宇がなにかをする番組だ。

 で、なんの”プロジェクト”なのか。「指令役兼ナレーター」のスーツ姿の着ぐるみウサギが発表した指令は、「東京発! 世界に向けた 全く新しいフリーペーパーを作れ」というもの。制作期間は2週間、発行部数は3,000部で都内で本当に配布するという。そして、「世界に向けた」内容のため、「文章のない」フリーペーパーにしようという。ウサギナレーターは「ちょっと新しいでしょ?」と自画自賛していた。でも、「文章なし」のフリーペーパーって、どういうことなんだ。

 番組に登場するのはもちろん香椎由宇。フリーペーパーの編集長である。そして、”助手”としてあてがわれたのが、森三中の大島美幸。2人は初対面なのだそうだが、その空気がなんとも微妙。

普段は格闘して尻を出したり、下ネタを連発したりと下品な暴走の多い大島が、今回はなぜかニコニコと堅い微笑みを浮かべ、終始大人しい。香椎由宇に対して、「いいですねー」「いきましょう」と、ずっと敬語。編集長と助手という立場的にはいいんだけど、絡みづらいのか。香椎に対しても、「フリーペーパー、ウンコ載せますか?」とか、「私のグラビア載せましょう、ヌードグラビア」とかいった下ネタを爆発させてもよさそうだが、暴走をフォロ−してくれる相方や仲間の芸人もいないからか、人見知りなのか、絡みづらいのか、やっぱり大人しい。

 そんな「編集部」の2人が取材先として向かったのは、なんと「世界一のイケメン(番組より)」、レオナルド・ディカプリオ。そして、「世界一のクリエイター」、ティム・バートン。ともに映画の宣伝がらみでの出演とはいえ、深夜の30分番組としてはものすごい豪華なゲストだ。ディカプリオへのインタビューの際にも、”借りてきた大島”は健在だった。

 インタビュー直前には、「私、別に守るものないんで、けっこうイケますよ」「全然イケます」と、頼もしい発言を連発。これに香椎編集長も、「イッちゃってもらえると、そこはもう『頑張れ』ってずっと言ってるんで」と、おまかせ発言。しかし……。本物のディカプリオを前にし、シンガポール育ちの香椎が流暢な英語で受け答えをし、女優らしい度胸のよさを発揮しているのに対し、フリーズしている大島。固まった笑顔で周囲をキョロキョロと伺い、完全に挙動不審。芸人らしさは全く発揮されない。「オー、センキュー」とか、適当な受け答えも、また泣ける。写真を撮らせてもらったら、これも緊張からか「パシャパシャパシャパシャ」と、なぜか連射モードで撮影してしまったりした。終了後、「完全にテンパりましたよ、私……」と、大島。

 また、都内でストリートスナップを撮るロケでも、「助手」らしく大島が一人で街行く人に声をかけていくのだが、断られると「すいません」とやっぱり弱気。

 それでも、「写真約400枚」「総移動距離 300キロメートル」「早朝から真夜中まで2週間」(番組テロップより)、ついに完成した2人のフリーペーパー。その出来栄えは、撮った写真を切り貼りしたもので全8ページ。本当に写真だけ、文字は一切ない。「文章なし」って、文字もないってことなのか? 「全く新しい」かどうかは全然分からないけれど、2人が満足ならよかった。

 最後に「どんな人に見てもらいたい?」という質問に、「誰でもいいです」という、香椎らしいマイペースの答えに大島は、「フリーペーパーですしね」「そうですね」とフォローコメント。……2週間で距離縮まってないし。

 なぜこの2人になったのか。なぜ「フリーペーパー」なのか。そもそも、「プロジェクト カシイユウ」って、なんだ。さまざまな疑問を残したまま終了した謎の番組でした。
(太田サトル)

『パリ本 (単行本)』

笑っちゃダメ! 本気でクリエイター気分なんだから!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
自由すぎる批評が光る? 子規のふるさとNHK松山発の俳句番組
『家なき子』的昼ドラ出演で浮上した、”永遠の安達祐実”問題
柴田理恵のライバル? ワイプ画面の新スター候補はあの動物……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!