[女性誌速攻レビュー]「日経ウーマン」3月号

“ご無沙汰ウーマン”発生中! 「日経ウーマン」が暴く、働く女の現実

nikkeiwoman1003.jpg
「日経ウーマン」3月号/日経BP社

 サイゾーウーマンを会社のPCから(なんでか分からないけど)コソコソ見ている読者もきっと多いはず! ということで、働く女性の為のライフスタイルマガジン「日経ウーマン」が女性誌レビューに登場です。創刊から22年、20代中盤~30代をメインターゲットに、仕事、マネー、ヘルスケア、ファッション・ビューティー、恋愛・結婚などの役立つ情報が満載。同じライフスタイルマガジンといっても「an・an」(マガジンハウス)のようなチャラさは一切なく、こちらは昭和の香りが漂ってきそうな品行方正さがウリです。

 ゴシップ&イケメン好きの夢見がちなサイゾーウーマン読者の皆様も、たまには自己啓発色の強い「日経ウーマン」を読んで、自身の現実と向き合ってみてはいかが? で、現実に傷ついた時は、またサイゾーウーマンで癒されてください♪ では早速中身を見ていきましょう。

<トピック>
◎「おうち時間」で自分を磨く!
◎働く女性1200人のリアル恋愛白書
◎不況に負けない! お仕事バイブル

■アロマアロマ騒ぐ芸能人達

 第一特集の『「おうち時間」で自分を磨く!』では、平日の帰宅後の過ごし方に焦点をあて、女優・水野美紀によるやたらカラフルなお部屋公開をはじめ、1200人のアンケートを元にした過ごし方ランキングなど、あらゆるアプローチで「おうち時間」を考察しています。

 また特集内では「憧れ女性のおうち時間は素敵な部屋作りのヒントが詰まっていた!」と題し、各界で活躍中の女性達が、自身の「おうち時間」についてコメント。ここに登場する内田有紀、辺見えみり、杏といった芸能人達が「柑橘系の匂いのするアロマオイルやアロマキャンドルを愛用しています」(内田)、「ロフトで買ったアロマテラピー(後略)」(辺見)、「アロマやお香を焚いています」(杏)などと、アロマを押しています。「アロマがオシャレ」という価値観は何年前だったろう、と思いつつも、「芸能界ってアロマでも焚いてないと、情緒不安定になっちゃう仕事なのかな……」なんて心配もつい湧いてしまいました。

 36ページにも渡るこちらの大特集のあちこちからは、終始「まず部屋を片付けろ! 話はそれから」という麓編集長の天の声(空耳)が聞こえてきます。部屋が散らかってる人は、まずここで軽いジャブをくらうことでしょう。

■「4人に1人が3年以上彼なし」ファッション誌にないリアルな集計結果にドン引き

 特集『働く女性1200人のリアル恋愛白書』では、平均年齢32.4歳の1200人に恋愛経験などを根ほり葉ほり。そのタイトル通りのリアル過ぎる集計結果は、「4人に1人が3年以上彼なし」「不倫中&不倫経験アリは約4割!」「30代の未婚日本女性のうち約2割は一度も異性と付き合ったことのない人たち」など、ちょっと引くくらいの内容。しかし、この少々どんよりする感じが「日経ウーマン」の最大の魅力なのです! 多分。

 また、この特集内の『「ご無沙汰ウーマン」の作られ方』では、3年以上彼氏のいない女性7名をインタビュー。彼氏いない歴32年のユリさん(仮名)による「周囲は結婚&出産ラッシュ。そういう知らせを聞くたびに、どうして私が幸せな人たちのお祝いをしなくてはいけないのかとみじめな気分になります」という正直すぎるコメントをはじめ、またもやどんよりとした気分にさせてくれます。

 ここでファッション誌との決定的な違いを発見。恋愛特集にも関わらず、ファッション誌でやたら飛び交う「モテ」という2文字がどこにもないのです。「モテ」なんていうぼんやりとした言葉より具体的な言葉が並ぶこの恋愛記事こそが、「日経ウーマン」らしさなのかもしれません。

■どんよりの理由が分かった!

 後半の大特集「不況に負けない!お仕事バイブル」では、リストラや減給、収入と仕事量のバランスなどを取り上げ、更に平均年齢33.8歳の878人に仕事についてのアンケートを実施……って、この雑誌って最初から最後までWEBで集計したアンケートに頼った記事作りをしているのですね。だから全体的に内容がリアルでどんよりするのか……。

 ということで、現実をたくさん突き付けられたことで、完読後にどんよりしてしまった『日経ウーマン』3月号。いつも美化されたファッション誌や、ドキドキさせてくれるゴシップ誌ばかり見ていた罰かもしれません。このことを真摯に受け止め、今後はもっと現実を見て、正しく生きていこう……そんな気分にしてくれる素敵な『日経ウーマン』を、これからもチェックしていきたいと思います。
(林タモツ)

『だれでも一度は、処女だった。』

処女を”発酵”させると、たまに天才が生まれます

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
今年のターゲットは”腐”!? 「an・an」のモテ思考が”萌え”に侵される!
上品な仮面の下に、下世話な世界が広がる「美STORY」マジック!
狂気に満ちた「プレジデント ファミリー」は、独身男女こそ読むべき!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク