[ジャニーズ・メディアの裏側]

堂本剛が宣言「アイドルではなく人間として音楽をやってます」

domototsuyoshi1111111.jpg
剛は昔から豹柄を着こなしてたのね♪

 雑誌「PS」(小学館)の創刊7周年を記念して企画されたイベント「PS Premium Live”Happy♪ 7″」。10月5日にZepp Tokyoで行われたこのイベントには中島美嘉、MEG、星羅、福原美穂ら女性アーティストに加え、シークレットゲストとして堂本剛が登場。ライブの締めを飾った。

 「PS」では連載「ツヨコレ」を担当しているほか、9月に連載50回を記念したCA4LAとのコラボベレーを発売したばかりの剛。そんな縁から今回の出演にいたったようで、ファッション誌のイベントということもあり、さぞかし気合を入れてきたのではと思いきや、「衣装を派手にしようかと思ったけど、前の方が派手にするだろうから、僕は床に同化する色にしました」と、ゆるめのデニムに黒のTシャツとシャツコート、アクセントに赤のベルトをあわせたシンプルなファッション。ライブでは「ソメイヨシノ」「FUNK-SE○SSION」「音楽を終らせよう」など3曲を披露し、巧みなMCで場を沸かせた。が、ファンだけが集まるコンサートと違い、いわゆるアウェイでの演奏はなかなか厳しいものがあったようだ。

「剛くんが登場した途端、客席からはすごい歓声が沸きました。私の隣の男性も『男から見てもかっこいい』とべた褒め。けど、実はイベント自体がちょっと時間かかっちゃってて、その時点ですでに21時すぎ。時間を気にした人がぽつぽつと帰り始めたんです。途中からけっこうがらーんとした感じになってかわいそうでしたね。しかも、もっとわかりやすい曲をすればいいのに、一般的にはあんまり知らない、自分の世界に入り込んだような選曲で、私もちょっとだれてしまいました。でも、歌も演奏も思ったよりうまいし、MCも楽しくて、ジャニーズを見直しましたね」(イベントに参加した20代女性)

 MCではジャニーズからなかなか出演の許可が下りず、ギリギリまで参加できるかどうかわからなかったことを明かし、「よくアイドルとかカテゴリーで言われますけど、僕は『堂本剛』という人間として音楽をやっています」と、改めて宣言した剛。ライブの手ごたえがあったかどうかは彼本人しか知るよしもないが、着実に自分の信じた道を進みつつあることは確かなようだ。

『人間として生きてほしいから―私が見た「世界の現場」 (単行本)』

キンキでも剛紫でもなく、人間。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 堂本剛コラボ帽子に前夜から大行列、ヤフオクで転売3万円超え
【関連記事】 「付きおうてんのちゃう?」堂本剛がプライベートでベッタリの相手
【関連記事】 一体なんだったの!? 堂本剛ソロ「剛紫」があっけなく終了!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  12. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  13. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  14. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー