[ジャニーズ最新言行録]

「僕ノ英語、ワカリマスカ?」赤西仁が得意の英語でインタビュー

akanishi0101.jpg
通訳なしはご立派です

 日本の芸能・文化を英文で紹介する、国内唯一の英文月刊誌「Eye-Ai」(株式会社リバーフィールド社)。過去には滝沢秀明やKAT-TUN・上田竜也などが取り上げられたことがあるのだが、発売中の8月号には赤西仁が登場。モノクロページでのインタビューに応じている。

 周知のとおり、「語学力を高めたい」と単身アメリカへ語学留学に旅立った経験をもつ赤西。帰国後も、バラエティで外国人のゲストと通訳を介さず会話したり、英語でソロ曲を作詞するなど、その語学力を発揮してきた。今回のインタビューでも、「緊張してます」「僕の英語、わかりますか?」とインタビュアーを気遣いつつ 、すべて英語で回答。雑誌には、赤西が語ったままの原文が掲載されている。

 インタビューのテーマとなったのはKAT-TUNの冠番組『カートゥンKAT-TUN』(日本テレビ系)。何度かリニューアルを経ている同番組だが、赤西が好きだったのは最初のシリーズ。

「”100Q”という100問の質問を通して、ゲストといろいろな話ができるのが楽しかった」
「自分たちの番組はもともとおもしろいと思うけど、もっとおもしろくしたい」

 と、番組にかける思いを真摯に語っている。また、ジョディ・フォスターやウィル・スミスなどハリウッド俳優と対話したのもこの番組でのこと。

「日本でかしこまった場での常套句があるように、英語圏でもインタビューの際の決まり文句があるみたいなんですけど、そんなこと知らなくて、大変でした」

 そういった流儀を知らされずにハリウッド俳優と対峙した赤西。その緊張と戸惑いはそうとうなものだったと思うが、オンエアで見る限り、彼らしいスタンスで会話していたようだったのはさすが。

 その他、赤西らしい会話が英文を通してもうかがいしれる「Eye-Ai」のインタビュー。国内の雑誌とは違うスタンスでのぞんでいるのも興味深いので、関心のある人はぜひ一読を。また、9月号はKAT-TUNが表紙を飾る予定。ぜひお見逃しなく!

『KAT-TUNライブ・ドキュメント・フォトブック”BREAK the RECORDS”』

中丸のバンジーも収録されてる?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 5人兄弟の次男・田中聖、3男が芸能人の弟としての苦悩を語る
【関連記事】 「○○でオレはコロリといっちゃう」上田竜也、セキララ恋愛告白
【関連記事】 お騒がせ赤西仁が子づくり宣言!「軽い女にはならないように……」



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「僕ノ英語、ワカリマスカ?」赤西仁が得意の英語でインタビューのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! KAT-TUNジャニーズ赤西仁のニュースならサイゾーウーマンへ!