[ジャニーズ最新言行録]

『宇宙戦艦ヤマト』主演(!?)のキムタク、「ある意味驚かせたい」

kimutaku01.jpg
悪だくみの顔もス・テ・キ♪

 SMAP・木村拓哉主演、ヒロインを沢尻エリカが務め、2010年公開予定で動き始めた……といわれている映画『実写版 宇宙戦艦ヤマト』。以前から業界内ではチラホラ浮上しつつあったこの噂。ここにきて「週刊文春」「日刊ゲンダイ」などのマスコミも報じだし、もはや発表を待つばかり……という雰囲気になりつつある。

 「日刊ゲンダイ」の記事によると、木村拓哉が演じるのは主人公の古代進役。沢尻がヒロインの森雪を演じ、艦長に西田敏行、それ以外にも香川照之、橋爪功ら実力派俳優の名が挙がっているとか。さらにプロデュースを、アカデミー賞作品『おくりびと』のセディックインターナショナル・中沢敏明氏が務め、『踊る大捜査線』や『ALWAYS 3丁目の夕日』のシリーズで知られる「ROBOT」が製作を担当。早ければ10月にはクランクインするということで、もしこの話が本当であれば、ドラマ『MR.BRAIN』(TBS系)収録が終わったばかりの木村は、そろそろ準備に入りつつあることになりそうだ。

 そんな木村だが、実は7月3日放送のラジオ『WHAT’S UP SMAP!』(TOKYO FM)で気になる発言をしている。

 発端となったのは、リスナーから寄せられた「機動戦士ガンダム」の話題。そこから話が展開し、彼が披露したのはこんな”うんちく”ネタ。

「70年代のアニメって、はっきりいってすごいと思います。『宇宙戦艦ヤマト』のヒットがあって、そのうえで『ガンダム』ってアニメが企画されたんだって。ちなみに、マンガっていわれていたものがアニメって呼ばれるようになったのも『宇宙戦艦ヤマト』かららしいですよ」

 以前から、同ラジオで「銀河鉄道999、宇宙戦艦ヤマト、クイーン・エメラルダス、わが青春のアルカディア、これは全部見てください。傑作です!」「幼稚園のときに描いたのが宇宙戦艦ヤマトがポロポロんなって煙を吐いてる絵。これを気に入っていた覚えがある」などと『ヤマト』への愛を語ってきた木村だけに、これだけなら、さほど不自然ではないのだが、気になるのは、次の言葉。

「DVD化されてますから、『宇宙戦艦ヤマト』も見て欲しいですね。そしてね……みなさんをワッッッと驚かせてやりたいですよ……ある意味ね」

 この”ある意味”という言葉に含まれた真意は一体なんなのか? 気分が盛り上がったあまり、ついぽろっと漏らしてしまった可能性も……? とにかく、近日中になんらかの動きがありそうな予感。期待しつつ、発表を待ちたい。

『おとな時間―フジテレビ「お台場オトナPARK」オフィシャルブック』

「コレ見て」「アレ見て」って言うと、小倉さんになっちゃうぞ~

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “生まれ変わった”草なぎ剛の新ドラマ主題歌がSMAPに決定!
【関連記事】 木村拓哉が唐沢寿明にラブコール!「ぜひ南アフリカでドラマを」
【関連記事】 挨拶メールに誕生日プレゼント……木村拓哉、後輩亀梨への気遣い

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク