[女性誌速攻レビュー] 「VERY8月号」

帽子から自転車まで! 「VERY」の読者に寄り添った編集方針に感服

very0908.jpg
「VERY8月号」/光文社

 「VERY8月号」の表紙は、先月末に第一子となる女児を出産したばかりの井川遥。毎号、表紙の井川遥のルージュは何を使っているのか、問い合わせが殺到するとのうわさも聞きます。子供ができて、まさに”VERY”のミューズになった彼女の活躍に期待したいですね。それではまず今月号のトピックからチェック。

<トピック>
◎ ラクな服?アガる服?夏休み乗りきり服!
◎ 私たちの「2人目バースプラン白書」
◎ 多忙でもオシャレ、大人のネット通販発見!
◎ 「若見えチーク」でヘルシーマダムの法則

面白ネーミングで地域振興?

 「VERY」と言えば、ちょっとリッチな子持ち奥様たちのファッション誌。いつも面白ネーミングが飛び交うのが「VERY」の魅力でもあるのですが、「メジサバ」ってご存じですか? 正解を先に言ってしまいます、答えは「目白コンサバティブ」の略。例のごとく、有名私立幼稚園・小学校が多く集まる目白にいる奥様たちのコンサバなファッションを意味するのだそうです。

 「VERY」は、よく地名を盛り込んだネーミングが出てきますが、これってある意味、地域振興の一環なのでしょうか。だって、メジサバも、ほかのコンサバと大きな違いはなく、ただの奥様のコンサバな感じ。でもこれを目白に特化したことによって、目白の品が上がって見えてきてしまうから不思議です。次はあなたの町が取り上げられるかも!?

VERY流の帽子チョイスはフ・ク・ザ・ツ

 続いては、「送り迎えのサンバイザーVS.公園通いのつばつき帽」のコーナーをチェック。ただの帽子の紹介ページなのに、タイトルからエレガンスが漂ってきますね~。さすがは「VERY」、帽子とサンバイザーを対決させちゃうんですね。公園通いにサンバイザーをかぶって行くのはNGなんでしょうか。

 モデルとして登場してくる読者も、”目黒区在住”や”世田谷区在住”の、「VERY」読者にとっては説得力のある方々ばかり。子供が入園前なら、つばつき帽がおススメだそうで、「公園に行くカジュアルスタイルには、つばつき帽がエレガントでちょうどいいんです」ということだそうです。でも、カジュアルスタイルって言っているのに、エレガントってなんだか矛盾しているような……。「VERY」流のおしゃれは一筋縄ではいかないようです。

 そしてサンバイザー派は、入園後のお子さんを持つ方におすすめだそうで、「サンバイザーなら、ふんわり巻き髪をキープできるから、突然のランチでもヘア美人」なのだとか。なるほどね~、ママ友は突然ランチに誘われて断ったら、次の日から口きいてもらえないですものね。「VERY」は読者の日常に寄り添ってますね~、掲載している帽子が2~3万円というのも、読者に寄り添った値段なんでしょうね~。

どこがエレガント? 自転車を特集したワケは次のページに

 「日本橋VS.六甲アイランド ”どこかエレガント”なチャリスタイル」に注目。「VERY」編集部のみなさん、こともあろうか自転車を”チャリ”って言っちゃダ・メ☆ なんていったって、お金持ち奥さま雑誌ですよ。しかも、「自転車に乗りづらいだろうな~」と心配になるファッションもチラホラ。

 中には、「アニマル柄を取り入れるのがマイルール」って人まで。自転車に乗るときは、アニマル柄を取り入れると上品になるそうですよ。でも、一歩間違えて全身ヒョウ柄だと、大阪のおばちゃんになっちゃうから気を付けてくださいね。

 こんなふうに編集部の努力がヒシヒシと伝わる誌面作りの次のページには……そう、自転車メーカーのタイアップ広告。自転車とファッションを絡めるのに限界を感じたのか、こちらでは自転車だけを撮った写真がズラリ。やっぱりこっちの方がかっこよさもエレガントさも伝わりますよね。法改正で「3人乗り自転車」が新登場したことを受け、編集部もぜひぜひタイアップが欲しかったんですね~。分かる分かる。

 全体的にリッチな商品を載せているにも関わらず、自転車、帽子と身近なところからネタを拾ってくる「VERY」編集部はさすが。それを読者好みに昇華させる、その努力を買って、来月号も期待してますね。たとえ、来月号予告に「奥サワンヌ」という危険な予感がする単語が並んでいようとも。

『田中真紀子の正体』

まっき~も目白在住よ。ってことはメジサバね♪

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ハンカチ一つでも命がけ! VERY流、入園・入学シーズンの準備法
【関連記事】 ファッション誌に哲学の風を吹き込む!? 進化系女性誌「GINGER」創刊
【関連記事】 脱・ファッション誌! GLAMOROUS はグラビア雑誌に転向か!?

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー