私は元闇金おばさん

玄関に並べられた「夫婦の遺骨」――闇金社員が走って逃げ出した“恐怖の現場”

2023/01/07 16:00
るり子(るりこ)
玄関に並べられた「夫婦の遺骨」――闇金社員が走って逃げ出した“恐怖の現場”
写真ACより

 こんにちは、元闇金事務員、自称「元闇金おばさん」のるり子です。

 貸付残高のあるうちは、債務者や連帯保証人が名義を有する不動産謄本を、月に一度、必ず定期閲覧することになっていました。いわゆる与信管理というやつで、名義の変更や借り入れの追加、差押や仮登記など、大きな変更があった場合には、すぐに保全を取る決まりになっています。

 謄本を郵送請求して法務局から送ってもらい、変更の有無を確認するのは私の仕事。もし変更があった場合には、すぐ担当者に伝えなければならず、その知らせが回収業務開始の合図になっていました。そのほとんどが、行政からの差押や他業者からの根抵当権設定仮登記で、業界最大手だった日栄や商工ファンドによるものが最も多かったと記憶しています。他業者からの登記は、不渡発生と同様の扱いとなるため、変更を見つけるたびにドキリとさせられました。

「佐藤さん、小林製作所(債務者、仮名)さんの不動産謄本に変更がありました。個人名の賃借権が仮登記されています」
「本当? それは、まずいな」

 小林製作所に対する貸付残高は、150万円。個人名での賃借権設定仮登記は、闇金業者か暴力団関係者よるものといったところで、営業社員からすれば最悪の事態といえるでしょう。取り寄せた不動産謄本を渡すと、すぐに内容を確認した佐藤さんは、早速に受話器を上げて電話をかけ始めます。

「会社と自宅の電話が、両方とも止まっているから、現地に行かないとダメだ」

 社長が留守のため、一連のことを伊東部長に報告した佐藤さんは、いつも通り藤原さんを連れて債務者の事務所に向かいました。重要確認事項と各担当者をホワイトボードに書き終えた部長は、極真空手の有段者である小田さんと一緒に、代表者の自宅にいくそうです。連帯保証人も、債務者宅の近所に住む社長の幼なじみらしく、そちらの状況も合わせて確認することになりました。

「ねえ、小田君。現場に面倒なのがいたら、君の空手で、ぶっ飛ばしちゃってくれるかな」
「いやいや、暴力はダメです。空手に私闘なし。そう師範に教えられているものですから」
「じゃあ、向こうから来たら、どうするよ?」
「それは、いきますよ。極真空手は、背中を見せない。これも師範の教えです」

 取り立て部隊が出かけてから1時間ほど経過すると、現場(債務者の会社)に到着した佐藤さんから状況報告が入ってきました。もぬけの殻となった事務所は、すでに荒らされた様子で、従業員の姿もないそうです。これから部長たちと合流するというので、帰社された社長に伝えて、続報を待ちました。

闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説(16)
「カード割」の恐るべき手口に目がテン
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

玄関に並べられた「夫婦の遺骨」――闇金社員が走って逃げ出した“恐怖の現場”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 私は元闇金おばさんのニュースならサイゾーウーマンへ!