[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

ジャニーズJr.映画『ぼくらのサバイバルウォーズ』、「配役ミス」の指摘続出! 「話に集中できない」とメインキャストに酷評相次ぐ

2022/04/08 08:00
サイゾーウーマン編集部
少年忍者は頑張ったんだけどね(C)サイゾーウーマン

 4月1日に公開され、ジャニーズJr.内ユニット・少年忍者と、関西Jr.のLil かんさいが初主演を務めている映画『東西ジャニーズJr.ぼくらのサバイバルウォーズ』。封切り後、ネット上では一部メインキャストの演技などに対して辛らつな感想が続出しており、「滑舌の悪さが気になって話に集中できなかった」「配役ミス」と、話題になっている。

 今作はボーイスカウトが題材で、ある出来事をきっかけに「東団」「西団」という2つのグループに分かれたボーイスカウトのメンバーと、不良グループが奮闘する姿を描く青春アドベンチャー。公式サイトでは「歌あり! ダンスあり! 少年忍者×Lil かんさい 青春冒険エンタテインメント!」「笑えるのに涙がホロリ。完全オリジナルストーリーで贈る大冒険MOVIE!!」などと銘打っている。メガホンをとったのは映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』(2010年公開)の川村泰祐監督で、脚本はドラマ『ブラックペアン』(TBS系、18年放送)『半沢直樹』(同、20年放送)などを手がけた丑尾健太郎氏が担当した。

 4月2日~3日の国内映画ランキング(興行通信社提供)では、初登場9位にランクイン。作品については好意的なコメントも上がっているものの、ネット上のレビューには「ジャニーズファン以外は見なくていい映画。ファンでも期待値を下げて行くことをオススメする」「これは映画ではなく、“ジャニーズJr.のプロモーション映像”と思って見るべき」「せっかくの東西対決なのに、台詞の量に差があったのは気になった。メインキャストなのに演技が残念な子もいた」「演技が気になりすぎて内容が入ってこない」などと手厳しい意見も多い。

 さらに、終盤の一部シーンに関しても、「エンディングの展開は誰得なの?」「エンディングがツッコミどころ満載。なんで? あれはちょっと納得がいかない」「最後の展開は意味がわからない」とシビアな反応が見受けられた。

 中でも多いのが、メインキャストとして東団のリーダー・龍一郎を演じている少年忍者・安嶋秀生の演技面や、滑舌の悪さを指摘する書き込みだ。Twitter上では「安嶋くん、ちょいちょい滑舌が悪くて配役ミスだと思う」「安嶋の滑舌がヤバすぎて明らかにキャスティングミス」「安嶋の滑舌の悪さで全部が台なし」「安嶋の滑舌が悪すぎてビックリ。あれでよくOK出たな」「安嶋、あの演技力でメインキャラ的な役をもらえるんだ。もっと演技うまいメンバーいたのに……」と酷評が相次いでいる。

Duet(デュエット) 2022年4月号<表紙:美 少年>
ジャニーさんも滑舌までは読めなかったのかな
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャニーズJr.映画『ぼくらのサバイバルウォーズ』、「配役ミス」の指摘続出! 「話に集中できない」とメインキャストに酷評相次ぐのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.少年忍者のニュースならサイゾーウーマンへ!