波乱の予感……

コブクロに「不倫のイメージしかない」の声! 大阪・関西万博テーマソング内定が物議

2021/11/29 14:52
サイゾーウーマン編集部
コブクロに「不倫のイメージしかない」の声! 大阪・関西万博テーマソング内定が物議の画像1
コブクロ公式サイトより

 日本国際博覧会協会などが「2025年日本国際博覧会」(略称は大阪・関西万博)のテーマソングを、万博の公式アンバサダーを務めるフォークデュオ・コブクロに依頼する方向で最終調整に入ったことがわかり、ネット上では「不倫のイメージしかない」「タイミングが悪い」などと疑問の声が相次いでいる。

 コブクロは、11月28日に大阪府などが開催したイベント『中之島ウィンターパーティー~Road to EXPO 2025~』でヒット曲「桜」を披露。若宮健嗣万博担当大臣や大阪市の松井一郎市長から、テーマソングの制作をステージ上で“公開依頼”されると、小渕は「音楽人生で一生に一度いただけるかわからない大きなチャンス。音楽という力でお応えできるように、明日から頑張っていきたい」と快諾し、「心の中を真っ赤に燃やして、小さい子から大人まで口ずさめるような歌ができれば」と楽曲の構想を語った。

 なお、コブクロはボーカルの黒田俊介が大阪府出身。また、ボーカル兼ギターの小渕健太郎は大阪の路上などで音楽活動をしていた中で黒田と出会い、ユニットを結成した。大阪にゆかりがある2人は、昨年2月から万博の公式アンバサダーを務めている。

「コブクロがテーマソングを担当することはまだ内定段階で、近々正式発表されるようです。松井市長は昨年10月に行われた『1970年大阪万博50周年記念式典』でも、同席したコブクロに対し『テーマソングを任せたい』という旨の発言をしていました。今回のステージ上でのやりとりに、ネット上のコブクロファンからは『コブクロが大阪を代表するアーティストって認められるのはうれしい!』『どんなテーマソングになるのか、今からワクワクが止まりません』と喜びの声が上がっています」(芸能ライター)

 その一方で、「2人とも不倫のイメージしかない」「前は好きだったけど、今は何を歌われても響かない」「あんなゲスい騒動起こしたんだから、辞退してもよかったのでは?」「またスキャンダルが発覚して、テーマソングが変更になる可能性もあるんじゃ……」と疑問の声も相次いでる。

 というのも黒田は、ニュースサイト「文春オンライン」の5月11日配信記事で、一般女性との不倫疑惑と、相手女性の自殺未遂疑惑が報じられ、同日中に所属事務所が公式サイトで「このような記事に至ったことは、黒田の不徳のいたすところであり、大変責任を感じております」と謝罪した。

FREECELL vol.34 なにわ男子『メンズ校』撮りおろし表紙巻頭12ページ/小林由依(欅坂46)、映画『さくら』で演じたカオル役について語る最新インタビュー
大阪・関西万博は関西ジャニーズの活躍にも注目~
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

コブクロに「不倫のイメージしかない」の声! 大阪・関西万博テーマソング内定が物議のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報アーティストのニュースならサイゾーウーマンへ!