【管理栄養士が厳選「ズボラ飯」のススメ】

びっくりドンキー、ビッグボーイ、ココス「ハンバーグ弁当」選ぶならコレ! “1,000円以下”の高コスパ&さっぱりメニューをプロがおすすめ

2021/03/12 21:00
川村郁子(管理栄養士)
ココス、びっくりドンキー、ビッグボーイ「ハンバーグ弁当」選ぶならコレ! 1,000円以下の高コスパ&さっぱりメニューをプロがおすすめの画像1
Wikipediaより

「おいしいごはんが食べたい、でも自炊するのはめんどくさい!」そんなズボラ女子の救世主といえば、コンビニ・ファミレス・ファストフード! 毎日の食事をおいしく楽チンにするため、“お酒とおつまみ大好き”管理栄養士・川村郁子先生に、さまざまなテーマに合わせた「おすすめメニュー」を聞いちゃいます。

人気ファミレス、“1,000円以下”おすすめ弁当はコレ!

 ガッツリ食べてパワーをつけたい時、つい選びたくなるのがハンバーグ。「子どもが好きなメニュー」といったイメージもありますが、大人だって大好きですよね! 人気のファミリーレストラン「ココス」「びっくりドンキー」「ビッグボーイ」では、リーズナブルなテイクアウト弁当も展開しており、気軽においしいハンバーグが食べられます。ということで今回は、「ココス」「びっくりドンキー」「ビッグボーイ」の弁当メニューから、管理栄養士の川村先生におすすめ商品を教えてもらいました。

――まず、ハンバーグからはどんな栄養が摂取できるのでしょうか?

川村郁子先生(以下、川村) 牛肉、豚肉などのひき肉で作るハンバーグは、タネの配合によって栄養素が変わってきます。主に肉類を使用しているので、タンパク質、脂質、ビタミンB群などが摂れますが、牛肉の割合が多いハンバーグには、鉄や亜鉛なども含まれるんです。あとは、玉ねぎやパン粉など、つなぎの配合によって、糖質やカリウムなどもプラスされます。また、肉のジューシーさを引き出すために、脂肪分が多めになっていることも忘れないようにしましょう。

――ハンバーグには、ポテトやコーンがよく付け合わせになりますが、一緒に食べるといい野菜を教えてください。

川村 ハンバーグの付け合わせには、ほうれん草やブロッコリーなど、βカロテンを多く含む緑黄色野菜がいいですね。βカロテンは脂溶性なので、ハンバーグの脂質と組み合わせると、吸収が助けられますよ。また、肉類に含まれる鉄や亜鉛の吸収を助けるビタミンCも、一緒に摂取してほしいところ。ほうれん草やブロッコリーのほか、パプリカ、キャベツ、トマトなどが理想的です。

 ちなみに、ポテトにも一応、ビタミンCは含まれています。フライドポテトだと揚げ物になるので、脂質のとりすぎがやや気になりますが、付け合わせで少し食べる分には問題ないでしょう。

アメ雑の定番!!ハンバーグレストランBIG BOYのキャラクター貯金箱!【ビッグボーイバンク】
ビッグボーイのキャラクター、夢に出てきそう

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

びっくりドンキー、ビッグボーイ、ココス「ハンバーグ弁当」選ぶならコレ! “1,000円以下”の高コスパ&さっぱりメニューをプロがおすすめのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 管理栄養士が厳選「ズボラ飯」のススメのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL