[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

V6・井ノ原『特捜9』が首位、木村『グランメゾン』2位でワーストは……? ジャニドラマ年間視聴率ランク2019

2020/01/07 18:30
サイゾーウーマン編集部
『特捜9 season 2』(テレビ朝日系)公式サイトより

 2019年、ゴールデン・プライム帯から深夜帯までを含めて多くの連続ドラマに主演・出演したジャニーズタレントたち。それらの中から平均視聴率でトップに立ったのは、『特捜9 season 2』(テレビ朝日系)で主演を務めたV6・井ノ原快彦となった。平均12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、平均12.7%の『グランメゾン東京』(TBS系)の木村拓哉をわずかに上回った。今回は、これらジャニーズタレント出演の民放ドラマ視聴率の成績を総括していきたい。

ランキング上位は40オーバーの活躍が目立つ結果に

 19年のジャニドラランキング上位は、『特捜9 season 2』に続いて、木村主演で、Kis-My-Ft2・玉森裕太もメインキャストに名を連ねた『グランメゾン東京』や、風間俊介、森本慎太郎(ジャニーズJr.・SixTONES)が出演した『監察医 朝顔』(フジテレビ系、平均12.5%)、少年隊・東山紀之主演の人気シリーズ『刑事7人』(テレ朝系、平均11.7%)という順番に。『朝顔』を除く3作品はジャニタレ主演作で、特徴的なのは井ノ原、木村、東山のいずれも40~50代のベテランという点だ。19年は数字が獲れる主演級の若手ジャニーズは現れず、40オーバーの活躍が目立った。

なお、18年の首位は嵐・松本潤主演の『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系、平均17.4%)であり、今回の1位との数字の差は4.5ポイント。数字の面で見れば、19年は比較的、ジャニタレ出演作がイマイチ盛り上がりに欠ける結果だったと言えるだろう。ちなみに18年の主演作は16本、19年は15本のため、作品数は1本減。

SixTONES、SnowManなどジャニーズJr.も多数出演

 40オーバーのジャニーズがゴールデン・プライム帯で奮闘する一方、若手の主戦場は午後11時台以降の深夜ドラマとなっている。18年末をもって表舞台から退いた滝沢秀明がジャニーズJr.の育成を始めた影響なのか、19年はJr.のドラマ露出も盛んだった。

 7月期はSnow Manの岩本照、ラウール、渡辺翔太、目黒蓮が深夜ドラマ『簡単なお仕事です。に応募してみた』(日本テレビ系、3.0%)で主演に抜てき。同枠の10月期はSexy Zone・佐藤勝利主演の『ブラック校則』(同、平均3.3%)で、King&Prince・高橋海人、SixTONES・田中樹が出演した。風間、岩本出演の『CHEAT チート ~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(同、平均3.5%)と、TOKIO・松岡昌宏主演の『死役所』(テレビ東京系、平均1.4%)にも、ゲストで複数のJr.が登場していた。

 ゴールデン・プライム帯でも、井ノ原主演『特捜9 season 2』にはTravis Japan・宮近海斗、『朝顔』は森本が出演。古田新太主演『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系、平均8.7%)は、King&Prince・永瀬廉に加えて、なにわ男子・長尾謙杜と道枝駿佑が学園ドラマにチャレンジ。SixTONESの松村北斗は、松坂桃李主演『パーフェクトワールド』(フジテレビ系、平均6.4%)にて、義足で暮らす主人公の親友・渡辺晴人役を演じた。

V6/LIVE TOUR 2017 The ONES<初回盤B>(DVD)
V6は体幹が強いグループだよ、ホント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

V6・井ノ原『特捜9』が首位、木村『グランメゾン』2位でワーストは……? ジャニドラマ年間視聴率ランク2019のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!