[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

V6・岡田准一、『アメトーーク』での霜降り明星・粗品イジリに「鬼畜ドS」「いい仕事してた」と反響

このドSぶりが岡田の“サイコ感”を引き立たせているよね

 5月24日に放送された『アメトーーーーク2時間SP』(テレビ朝日系)の「ビビリ‐1グランプリ」に、KAT-TUN・中丸雄一が参戦。千原ジュニア、狩野英孝、FUJIWARA・藤本敏史、霜降り明星、ミキ・亜生も出演し、スペシャルゲストにはV6・岡田准一が登場した。

 昨年放送された「ビビリ‐1グランプリ」で、“初代ビビリ王”に輝いた中丸。前回王者として参戦した中丸に対し「普通にレギュラーとしてジャニーズおるやん!」と、MCの雨上がり決死隊・宮迫博之からツッコミが入るも、中丸は「すごくうれしいんですけど」と喜び。しかし、急におどかされるのではないかと怯えており、早速「怖いですよね、もう……」と“ビビリ王”の風格を漂わせていた。

 今回行われた“ビビリロード選手権”では、約45mの間に9個のトラップが仕掛けられた障害物競走のようなルートが用意され、「叫ばずにどれだけ耐えられるか」を競うことに。ここでも中丸のビビリぶりは炸裂しており、“椅子に座って水を飲んだら床から手が出て足首を掴まれる”というトラップでは、驚いて水を吐き出すだけではなく、「やめてください、やめてください……本当にすみません……」と謎の謝罪を繰り返し、スタジオの笑いを誘う。

 さらに、“マネキンと握手すると電気が流れる”トラップでは、電気にビビって逃げた先に、その前のトラップで使われた本物の鳥のように羽ばたく“ラジコン鳥”がいて、二度驚いてしまう中丸。さらに、ラジコン鳥から逃げた先にはマネキンの手があり、背中に突き刺さるミラクルまで起こしていたのだった。中丸は「驚いても、みっともなくならないようにしよう」というテーマで頑張っていたようだが、VTRを見て「亀梨(和也)くんは水吐かないですね、やっぱり……」と反省。

 最終的に、霜降り明星・粗品が第2代ビビリ王に輝いたのだが、これに岡田の“ドSセンサー”が反応。出演者全員で手をつなぎ、真ん中にいる人物が電気を溜めた水を持って、隣の人にそれを飲ませると全員に電気が走るという実験を行うことになると、岡田は楽しそうに、水を持つ相手に中丸、それを飲む人物に粗品を指名。粗品にいたっては、岡田から虫のおもちゃを顎に当てられ、「キャ~!!」と絶叫してスタジオから逃げ出すほどの災難にも見舞われた。

 放送後、ジャニーズファンからは「岡田の容赦ない鬼畜ドS具合がスゴい」「中丸くん含む芸人さんたちが震え上がってた(笑)」「最後、岡田くんがいい仕事してた!」「岡田くんの餌食になった粗品さん、おそらく今後もイジられ続けると思います……!」などの声が集まっていた。
(華山いの)

最終更新:2019/05/27 15:27
V6/ある日願いが叶ったんだ/All For You(セブンネット限定盤/CD+AR Book)
岡田にロックオンされた粗品、強く生きてほしい

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

V6・岡田准一、『アメトーーク』での霜降り明星・粗品イジリに「鬼畜ドS」「いい仕事してた」と反響のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズv6岡田准一のニュースならサイゾーウーマンへ!