[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・横山裕、『関ジャム』で「何回聞いたか」と村上信五の“十八番”を暴露

村上にケツメイシって似合いすぎて震える……

 関ジャニ∞が毎回さまざまなアーティストを迎えてトークを繰り広げる音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)。3月24日は、作詞家・音楽プロデューサーのいしわたり淳治と、ロックバンド・JUN SKY WALKER(S)のベーシストで音楽プロデューサーでもある寺岡呼人をゲストに迎え、「グッとくる!上京ソング特集」が放送された。

 番組内では「地方出身者が選ぶ上京ソングランキング」が発表されたのだが、17位にランクインしたケツメイシの「トモダチ」(2002)には、横山裕が「きた! ケツメイシは多いと思うよ」と反応。ケツメイシは01年にメジャーデビューした男性4人組グループで、4枚目のシングル「トモダチ」で初のオリコンシングルチャートトップ10入りを果たすと、当時の若者を中心にまたたく間に人気となった。

 そんな中で、当時関西ジャニーズJr.として活動していた関ジャニ∞も、02年にグループを結成すると、04年に「浪花いろは節」でCDデビュー。全員が関西出身の関ジャニ∞は、デビュー前後にそれぞれ上京しているため、横山にとってはまさにその時期に流行していたケツメイシの楽曲が、“上京の思い出”と共に刻まれているようだ。

 そして同じく「ケツメイシ」の曲を“上京の曲”としてあげていたのが、村上信五と安田章大。11位で再びケツメイシの「東京」(05)がランクインすると、「出た~、これやわ!」と横山が懐かしそうにつぶやき、安田は「村上くんがカラオケで歌ってるのを何回聞いたかな」とコメント。そして村上は「まさに友達が歌ってくれたもん。そう、同級生が」と明かしていた。

 安田にとっては“村上がカラオケでよく歌っている曲”という印象が強いようだが、村上は「僕の友達が歌ってくれて、僕も覚えたんですよ。本格的に関ジャニ∞が結成決まって、『拠点が東京になんねん』みたいな話をしたときに、なんか軽く送り出しみたいな感じで歌ってくれた」と、当時を振り返った。村上にとっての“上京の曲”は、親しい友人との思い出でもあるのだろう。

 このエピソードにファンからは「ケツメイシの『東京』、私も昔よく聞いてたなあ。上京してきた人には刺さる歌詞だよね」「村上くん、なんかちょっとウルウルしてない? 余程、心に響いてるんだね」「今回はすごく関ジャニ∞らしい話が聞けた。いろんな思いを抱えて東京に出てきたんだね」という声が集まっていた。

 ちなみに村上が「東京」をカラオケで歌っていることについて、横山も「何回聞いたか」とコメントしており、相当歌いこんでいる様子。いつか番組内で披露されるのを楽しみにしたい。
(華山いの)

最終更新:2019/03/26 12:42
ケツノポリス4
15年ぶりにケツメイシ聞こう

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関ジャニ∞・横山裕、『関ジャム』で「何回聞いたか」と村上信五の“十八番”を暴露のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ関ジャニ∞村上信五のニュースならサイゾーウーマンへ!