モノノフの心境は……

元ももクロ・有安杏果の恋人「あんずクリニック・児島直樹氏」、交際発表が業界から猛批判のワケ

 ももいろクローバーZの元メンバー・有安杏果が、2月6日に更新したTwitterで「一般男性の方と結婚を前提に交際をさせていただいています」と、告白。交際相手については「医師」と明かし、今後は個人事務所・アプリコットの代表として「お仕事の面でも支えていただく」と報告したが、業界内では「さまざまな人間を敵に回すやり方」と、批判が飛び交っている。

「昨年1月21日にももクロを脱退した有安は、今年1月15日、個人事務所でソロ活動を開始すると発表。3月にはライブを控え、2月1日からチケットの受付も始まっていました。そんな中、有安は6日付のTwitterで直筆コメントを公開し、『先日いつもの帰り道を歩いていたら週刊誌記者さんに突然囲まれました』などと説明した上で、結婚前提の交際相手がいると宣言したんです」(芸能ライター)

 有安は、相手について「医師としてこれまでも私の活動を親身にサポートをしていただいていた方」と紹介し、このタイミングで発表した理由は「不正確な情報や憶測でみなさんの間に広まっていくのは嫌だった」とのこと。

「しかし実際は、近く発売される週刊誌の直撃を受けたことにより、何らかの対応はせざるを得なくなったというのが実情でしょう。結局、この発表は騒動を最小限に食い止めるための“苦肉の策”であり、元々この交際関係を公にする気がなかったのは明白なのでは。記事を潰された週刊誌サイドは当然怒り狂っていますよ」(出版関係者)

 また、ネット上のももクロファンの間では「有安のグループ脱退はソロデビューありきだったのでは?」という見方が強まっているが……。

「有安はソロ活動を見越して、ももクロを辞めており、その後ろ盾となっていたのが、ほかならぬ交際相手の医師だったとか。すでにネット上でも特定されていますが、その正体は東京・杉並区の『あんずクリニック』院長の児島直樹氏で、有安のグループ脱退と当時の所属事務所・スターダストプロモーション退社に向けた話し合いでも、彼が間に立っていた(既報)ようです」(芸能プロ関係者)

 ももクロファンにとっては、有安と児島氏の行動は“裏切り”と言えるだろう。

「もともと医師である児島氏が、いきなり芸能事務所の代表を務めるとなると、やはり粗が目立つ。週刊誌側を怒らせたこともそうですが、今回の交際宣言も、現状有安からのコメントや謝罪のみで、児島氏からの発信は一切ナシ。一般人の恋人ならそれも自然ですが、事務所代表を名乗る以上、自らが矢面に立ってでも、所属タレントである有安をかばうべきです。こうした内情からしても、児島氏と組むことは、有安の今後のアーティスト活動においてプラスになるとは到底思えません」(同)

 果たして当初二人が思い描いていたソロ活動は実現できるのだろうか。

最終更新:2019/02/07 17:18
MomocloMania2018 - Road to 2020 - LIVE Blu-ray
アプリコットからキナ臭い匂いが漂う

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

元ももクロ・有安杏果の恋人「あんずクリニック・児島直樹氏」、交際発表が業界から猛批判のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!