[ジャニーズ最新言行録]

Hey!Say!JUMP・高木雄也、衝撃だったKinKi Kidsコンサートの思い出とは?

jjump02
眼鏡とコンタクトの芝居をするJUMP、やっぱすげえ

 Hey!Say!JUMPの有岡大貴と高木雄也がパーソナリティを務めるラジオ番組『JUMP da ベイベー!』(bayfm)が9月7日に放送された。

 この日のオープニングトークで出た話題はコンサートに関するもの。現在アリーナツアー『SENSE or LOVE』を行っているHey!Say!JUMPだが、コンサートを訪れたリスナーから寄せられた「音量にびっくりしました」とのメッセージを受けて、「初めて自分が行ったライブとか覚えてる?」と高木に話を振った有岡。高木は「俺はKinKi Kidsさんだな。(ジャニーズ事務所に)入る前」と回答。「音量もそうだけど、なにより特効(特殊効果)にびっくりした。花火が鳴るやつ」と、ジャニーズならでは演出にも言及した。

 一方、有岡が初めて行ったのは父親の知り合いのバンドで、会場はライブハウスだったといい、「俺は音量にびっくりした」と語っていた。また、ジャニーズ事務所に入ってから初めて見たライブはタッキー&翼のコンサートだったことも明かし、舞台裏から聞いた音の大きさに「あの時は衝撃だった」としみじみ。

 また、その後は「妄想Say!Neo」のコーナーを放送。リスナーから送られてきた妄想をもとにした台本を作成し、それを2人が演技するというコーナーだが、この日取り上げられたのは「眼鏡とコンタクトレンズ」に関する台本。普段からコンタクトをつけている有岡がコンタクトの配役で、眼鏡頻度が多い高木が眼鏡の役を引き受けた。

 演技の終わりには、眼鏡とコンタクトのトークに移行し、高木はプライベートの時間は基本的に眼鏡をかけていると告白。「コンタクト疲れるじゃん。たまにしかしないからかもしれないけど」といったプライベートトークも飛び出した。逆に有岡はずっとコンタクトだといい、お風呂に入って目が疲れていると感じたらその時点でコンタクトを外すといい、普段は寝る寸前までコンタクトをつけているといった習慣も明かした。これに高木は驚いた様子を見せており、お互いの新たな一面をまた知ったようだった。

 また、その後には『スパイダーマン』や『Xメン』などヒーローものを実写化したマーベル映画好きの高木に合わせた台本を2人は熱演。台本では高木が有岡のことを「大ちゃん」と呼ぶものの、「(普段)高木、『大ちゃん』って言わないからさ!」と、有岡が演技終わりにツッコミ。高木も「俺も普段言わないから違和感あったよ」というものの、リスナーから「高木君の大ちゃん呼びが新鮮すぎる!」「ゆーやんの『大ちゃん』ありがたい」といった声も。“ありたか”と呼ばれるこのコンビへのリスナーの愛がより深まった放送回となったようだ。(福田マリ)

大ちゃん! 大ちゃん! 大ちゃん!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Hey!Say!JUMP・高木雄也、衝撃だったKinKi Kidsコンサートの思い出とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! Hey! Say! JUMPジャニーズ有岡大貴のニュースならサイゾーウーマンへ!