[ジャニーズ最新言行録]

V6・三宅健、ジャニーズ被災地支援で感じた木村拓哉&TOKIO・長瀬への「信頼と偉大さ」

健200
健ちゃんの笑顔やラジオも大勢の人が励まされてるよ

 V6の三宅健がパーソナリティを務める『三宅健のラヂオ』(bayfm)。8月27日深夜の放送回では、西日本豪雨の被災地・広島県呉市を共に訪れた木村拓哉の話に言及した。

 三宅は、リスナーから届いた「8月4日と5日のキムタクさんたちとの“Smile Up ! Project”お疲れ様でした。キムタクさんたちと、どんなお話をされたのかなと気になります」とのお便りを紹介。Smile Up ! Projectとは、木村拓哉が発起人となって立ち上がったジャニーズ事務所の社会貢献・支援活動プロジェクトであり、8月上旬には、その一環として西日本豪雨の大きな被害を受けた広島県呉市へ、木村と三宅、生田斗真らが訪れて炊き出しなどを行った。この時のことを振り返りながら、

「僕も今回木村くんからお声がけをいただいたことで参加することができたんですけども、木村くんから声をかけていただいていなかったら、こういった形での支援っていうのは、僕はできてなかったと思うので、本当に木村くんに感謝してますね。それぞれグループの枠を超えて、いろんな人たちが集まって、それぞれに被災者の方々への接し方が、個性があって傍から見てて面白かったですけど……」

と、木村へ感謝を述べた三宅。現地での印象的だったシーンについて、「木村くんを見たご高齢のお姉さまが本当に感動してて、『え? え、本物!? キムタク? 私、もう死んでもいい』とかって冗談で仰ってましたけど。そのぐらい喜んでくれていたのがうれしかったですし、先輩である木村くんの絶大なる信頼感と、偉大さを感じましたね。やっぱり影響力がとても強い人なので、そういった方が激励をしに来てくれるってことが、何よりも励みになるんじゃないかなと思いましたけどね」と、伝えた。

 また、途中で合流したTOKIOの長瀬智也は、「写真撮る度に変顔してましたから。傍から見てると、リラックスできるというか、顔がゆるむというか」と、長瀬が避難所生活でストレスが溜まった被災者を和ませていたと伝え、「僕たちが行くことで(緊張やストレスを)緩和できたら、それはすごくうれしいなって思いました」と語った。

 また、三宅は「岡山広島の炊き出しの時に、木村くんが作ってくれたかき氷を食べさせてもらったけど」と、木村が被災者のためにかき氷の試作をしていた際、三宅の分も作ってもらったことも告白。「やべー、木村くんに作らせちゃってるって思いながらも、やった~! 木村くんが作ったかき氷食べれるみたいな。ハッピー! あっ、それが今年夏初めてのかき氷かもしれない」「おいしかった! 宇治金時の」と声をはずませていた。

ご高齢のお姉さま、って健ちゃん素晴らしい表現

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

V6・三宅健、ジャニーズ被災地支援で感じた木村拓哉&TOKIO・長瀬への「信頼と偉大さ」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! V6ジャニーズ三宅健のニュースならサイゾーウーマンへ!