いよいよ煮詰まってきました

真木よう子、事務所独立のウワサも……「コントロール不能」「オファーしない」と業界人逃げ腰

img0117
『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)公式サイトより

 連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)主演中の炎上騒動で、すっかりお騒がせ女優のイメージが浸透してしまった真木よう子だが、所属事務所に近い関係者によると「周囲のスタッフも彼女をコントロールできなくなってしまい、近く大きな動きがありそうだ」という。つい先日は、イケメン実業家との交際報道も飛び出した真木だが、果たして何をしようとしているのか。

 『セシルのもくろみ』放送にあわせて、真木はTwitterアカウントを開設。スタート時こそ、フォロワーである一般人との会話や、ドラマ宣伝などのツイートを投稿していたものの、自身のフォトマガジン制作、コミケ頒布の告知が大炎上したことで、閉鎖に追い込まれてしまった。

 当初、SNSはドラマの宣伝活動の一環だとみられ、局側が真木サイドにアカウント開設を依頼したかと思われていたが、どうやら真木本人の意向によるものだったという。

「ところが、Twitterはドラマの宣伝どころか大炎上、ドラマの方も視聴率低迷で打ち切りに。ドラマ製作スタッフの間では、視聴率を稼げないだけでなく、真木本人がコントロール不能そうだという理由から、『いま彼女を起用するのは危ない』とささやかれるようになりました」(同関係者)

 そしてドラマ終了前後から、真木の「事務所独立説」が浮上するようになったという。

「所属事務所の関係者が、本人と意思の疎通がまったく取れないと困惑しているんです。先日は『女性自身』(光文社)で、イケメン実業家と交際していたという報道があり、実はこの男性が独立を支援している説も浮上しています。もしかしたら、また別の“フィクサー”がいるのかもしれませんが、少なくとも真木自身は個人事務所で活動したいと考えているようです」(テレビ局関係者)

 昨今の芸能界では、能年玲奈(現・のん)やSMAPなど、事務所からの独立や移籍をめぐるトラブルが相次いでいる。しかし、真木の場合は移籍を希望しても、どこの事務所も引き受けることはできないだろうとされている。

「近頃、タレントの独立、移籍問題をめぐっては、事務所側よりタレント側が擁護される風潮になっています。しかし、真木に関しては、事務所ではなく本人に問題があることは明らか。それに加えて、SNSが大炎上した事例を見ても、オファーしたいと思う芸能プロ関係者は誰もいませんよ」(同)

 真木の真意は不明だが、またしても芸能界で独立騒動が勃発してしまうのだろうか。

真木よう子のアレなところを隠し続けてくれた事務所なのに

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

真木よう子、事務所独立のウワサも……「コントロール不能」「オファーしない」と業界人逃げ腰のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!