• スピリチュアルなマンガ家の世界

「人は死ぬし、死んだ後には何もない」クリスチャンになれなかった山本直樹の信念
その他
不定期新連載「スピリチュアルなマンガ家の世界」第2回【後編】

「人は死ぬし、死んだ後には何もない」クリスチャンになれなかった山本直樹の信念

 前編は、誰もがいつ踏み外してもおかしくない「日常」についてお話いただきましたが、『堀田』【1】はかなり日常を踏み外している感じがしますよね。 山本 ...

公園デビューも連合赤軍もオウムもみんな同じ――山本直樹が描いた閉鎖された社会
その他
不定期連載「スピリチュアルなマンガ家の世界」第2回【前編】

公園デビューも連合赤軍もオウムもみんな同じ――山本直樹が描いた閉鎖された社会

 第2回は、「イブニング」(講談社)にて連載中の『レッド』【1】が好評な山本直樹先生にご登場いただきました。これまで、“本業”であるエロマンガを活動の...

渡瀬悠宇が語る“厳しい現実と戦う比喩”としての『ふしぎ遊戯』と創価学会【後編】
その他
不定期新連載「スピリチュアルなマンガ家の世界」

渡瀬悠宇が語る“厳しい現実と戦う比喩”としての『ふしぎ遊戯』と創価学会【後編】

 前編では、創価学会で得たものが渡瀬先生の作品に影響を与えているというお話がありましが、先生にとって、学会の池田名誉会長はどういった存在なんでしょうか...

渡瀬悠宇が語る“厳しい現実と戦う比喩”としての『ふしぎ遊戯』と創価学会【前編】
その他
不定期新連載「スピリチュアルなマンガ家の世界」

渡瀬悠宇が語る“厳しい現実と戦う比喩”としての『ふしぎ遊戯』と創価学会【前編】

 真っ白な紙の上に新たな世界を創造していくマンガ家たち……そんな彼らに、作品づくりを通して体験したスピリチュアルな世界や、作品に込められた思いについて...