【ジャニーズ研究会レポート】

ジャニーズWEST濱田&神山がギターについて熱弁! 「挫折のF」「壁のB」“あるあるネタ”炸裂

神山智洋
やばい、半分以上なに言ってるかわからん!

 ジャニーズWESTのメンバーが交代でパーソナリティーを務めるラジオ『bayじゃないか』(bayfm)。5月19日深夜放送回は、濱田崇裕と神山智洋が登場した。

 今週はリスナーから「初心者にはどんなギターがいいか」という質問が届き、ギターを愛する2人は大喜び。テンションが上がる中、2人が口をそろえたのが「安いギターは買わない方がいい」というアドバイス。「弾かなくなる」(濱田)、「なるなる」(神山)と、ギター初心者“あるある”のようだった。

 エレキギター、アコースティックギターで値段は変わると説明していた神山だが、「やっぱアコギじゃない? (弦を)押さえる力が必要だから、ギターって」と、弦を押さえやすいアコースティックギターをオススメ。さらに濱田が「(質問者が)女性やろうから、握りやすい」と言うと、神山がそれをくみ取って「ネックとかはやっぱ細い方が押さえやすいんじゃない?」と提案。1960年代に製造されたギターを例に出し、「(ネックが)太かったりするんで、押さえづらいなって。持ってるオレでも思う」とネックが細い方がいい理由を説明した。

 濱田は神山が持っている赤いアコースティックギターがお気に入りのようで「めっちゃカッコイイ」「かわいらしい」と褒めていたが、それもそのはず、持ち主の神山も一目惚れして買ったのだとか。「(値段が)そんな高くない」という神山の話を受け、濱田は高い安いはそれぞれの価値観だとしながら、「買いたいなと思って、お金貯めて買うもんやと思うんですよ。ギターって」と、ギターキッズらしいアドバイスをしていた。

 また、神山が「FとかBとかさ、バレーコードっていう挫折するコードがあるんですけど」と切り出し、「挫折のF」(濱田)「壁のB」(神山)と、2人は再び“ギターあるある”で大盛り上がり。実践的なアドバイスとして「弾きたい曲を決める」という神山は、自身も先輩である関ジャニ∞の「Eden」を自身の課題曲にしていたそう。「弾いてた!」「ひたすら楽屋でも(練習を)やってた気がする」と濱田も覚えていたほど、神山は熱心に練習をしていたようだ。

 以前、ラジオ番組『もぎたて関ジュース』(ラジオ関西、2016年4月17日放送)で神山は弾き語りを披露しており、そこでも関ジャニ∞の楽曲を弾いていた。今回のラジオで神山の弾き語りをもう1度聞きたくなったファンや、濱田の弾き語りを期待したファンも多いのではないだろうか。

WESTも関ジャニ∞になっちゃうの?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズWEST濱田&神山がギターについて熱弁! 「挫折のF」「壁のB」“あるあるネタ”炸裂のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズWEST濵田崇裕神山智洋のニュースならサイゾーウーマンへ!