[ジャニーズツッコミ道場]

「大丈夫なのか」「問題では」とジャニオタの脳を刺激する、滝沢秀明『こどもつかい』

koodomotukai-main
『こどもつかい』公式サイトより

 今回ツッコませていただくのは、ジャニーズ王道中の王道の存在、「殿」であり、「タッキー」こと滝沢秀明の初主演映画『こどもつかい』。

 そもそもタッキーが映画「初主演」というのが非常に意外な気もするが、デビュー前からドラマでブレークし、2005年には『義経』で、当時としてはNHK大河ドラマ史上最年少主演。その後は『滝沢歌舞伎』等、舞台中心で活動しているだけに、映画にはあまり縁がなかったのだろう。

 『滝沢歌舞伎2017』には、映画の宣伝を兼ねたコーナーで、劇場内のあちこちから子どもの笑い声が響き渡るなどの演出があり、それは結構怖かったのだが、タッキー主演でHey!Say!JUMP・有岡大貴も出演することから、作品は中高生や若いカップル向けなのだろうと予想していた。

 しかし、予想は甘かった。実際、『こどもつかい』は、中高生などが「そこそこ楽しめる映画」なんかじゃない。満点星5つとして評価するなら、おそらく「1か5」だらけ、「3」などは、ほとんどいないのではないかと思うほど、極端で、キョーレツで、珍妙な作品なのである。

 以下、ネタバレありなので、ご注意を。

 まずタッキーの整った顔による「真顔」と個性的なコスチューム+特殊メイク、そしてキレのある動き、加工されたボイスが醸し出す「異世界」感には、圧倒されるばかりだ。その「浮世離れ感」は、作品としても役柄としても合っている。

 映画の中では、強い体幹によるお得意のフライングもマント姿で惜しみなく披露しているのだが、「これ、舞台から持ち出してしまって良かったの?」ともったいなく思えるほどで、タッキーの魅力や特技がたっぷり詰まっている。ただ、舞台の演目で見ると、神秘的で美しく、妖しく、悲しく、ときに恐ろしくも不気味でもあるものが、映像で見ると、あら不思議。すごく面白い。

もしや……トニーがしくじった……のか!?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「大丈夫なのか」「問題では」とジャニオタの脳を刺激する、滝沢秀明『こどもつかい』のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズツッコミ道場滝沢秀明のニュースならサイゾーウーマンへ!