『生殖医療の衝撃』著者・石原理氏インタビュー(後編)

「命の選別」は認められるのか? 生殖医療の専門医師が語る、技術の進歩と人間の多様性

dr.ishihara2
埼玉医科大学医学部産科婦人科の石原理教授

 近年、生殖医療技術が革新的に進歩している。今年9月27日には、米国ニューヨークのニューホープ不妊センターで、母親の病気が遺伝するのを避けるため、第三者の女性のミトコンドリア(細胞の中にありエネルギーを産生する小器官)を使う技術で新生児を誕生させることに成功したと伝えられた。厳密にいうと、この受精卵は3人分のDNAを含むことから、技術の進化に追いついていない法の整備も急がれている。

 タブー視されがちな生殖医療と生命倫理の折り合いをどうつけていくべきなのか。生殖医療の現場に精通する埼玉医科大学医学部産科婦人科教授で、『生殖医療の衝撃』(講談社現代新書)の著者である石原理氏に聞いた。

(前編はこちら)

■新技術で誕生した子どものフォローアップが欠かせない

――先日、3人の親を持つ子どもの誕生が話題になりましたが、どのような技術なのでしょうか?

石原理氏(以下、石原) 遺伝疾患を回避するために、ミトコンドリアを移植するという技術になります。ミトコンドリアに由来する脳の障害として、「リー脳症」という病気が知られていますが、それを治療するには変異の起こった遺伝子のミトコンドリアを健康なものに取り替えればいいわけです。

 そこで、さまざまな技術革新により誕生したのが「核移植」です。卵子には、人間の設計図になる核とミトコンドリアが含まれています。そのうちミトコンドリアに異常がある場合、核だけを取り出し正常なミトコンドリアを持つ“別の女性”の卵子に移植。その卵子と父親の精子を受精させます。

 これにより、核の遺伝情報はそのままで、ミトコンドリアなどの他の部分は新たな細胞に由来するものになります。ただ、「ミトコンドリアの母」といえる第二の母も同時に誕生することになるわけです。

――ただ、生殖医療は成功して終わりではなく、長い年月をかけて検証する必要がありますよね?

石原 おっしゃる通りです。今回の核移植によって、元気な子どもが生まれたと報告されていますが、5年10年、さらにもっと年月がたってみないとわかりません。

 たとえば、1992年に「顕微授精」で最初に生まれた子どもたちのうち、成人になった男性の精子を調べたら、普通の男性に比べて精子数が少なくて運動性が悪いことがわかりました。ただ、顕微授精でしか受精できない父親の精子とくらべると、通常妊娠が可能なレベルなので、父親の遺伝情報だけに左右されるわけではないということが証明された結果だと思います。

 「顕微授精」は卵子に器具を差し込む、いわゆる侵襲を伴う受精とあって、それまでにはあり得ないとされていた方法です。「顕微授精」に限らず、新しいテクノロジーで誕生した子どもについて、後々の影響の有無を明確にする上でも、フォローアップが欠かせないと思います。

人の思いも性も複雑……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. アンチ急増中miwaの業界評
  2. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  3. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  4. 幸福の科学“守護霊”の語る言葉
  5. 小倉優子の不倫夫、キャバで暴言報道
  6. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  7. 不幸が続く山口智充の不運
  8. 黒木瞳が視聴者をイラつかせる理由
  9. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  10. KANA-BOON・飯田が伝える真実
  11. 今井翼、中居マネジャーについて言及
  12. 『奪い愛、冬』視聴率はパッとせず?
  13. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  14. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  15. 『べっぴんさん』さくらアンチ増加?
  16. ジャニーズ人気Jr.が3人退所
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 山崎賢人最新映画でバブル終了?
  19. ムショの休日で一番の楽しみ
  20. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中

ジャニーズの人気記事

  1. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  2. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  3. 今井翼、中居マネジャーについて言及
  4. ジャニーズ人気Jr.が3人退所
  5. NEWS・増田、共演女優が“交際匂わせ”疑惑

カルチャーの人気記事

  1. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  2. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ