[ジャニーズ最新言行録]

SMAP・中居正広、10代からの「秘蔵ノート」事情に異変……「言葉が重たい」とファン複雑

nakaimasahiro04.jpg
ファンはまだ来年を見られないでいるよ

 SMAP・中居正広が10月15日放送のラジオ番組『中居正広のSome girl’ SMAP』(ニッポン放送)で“意味深”な発言をしたとして、SMAPファンの間で波紋が広がっている。年内にグループが解散することは周知の通りだが、中居は番組内で「来年」について言及したのだ。

 事の発端は、ファンから寄せられた中居の“私物ノート”に関するお便り。中居がメモ用のノートを持参しているのはファンには有名で、昨年9月に放送された『テレ朝SMAPバラエティ部スマシプ!全然ゆるくないバスの旅 秋の3時間SP』(テレビ朝日系)では、中居のバッグの中をチェックするシーンで、数冊のノートが出てきたことも。

 そんなノートに関して、リスナーから「中居さんのノート話を最近あんまり聞きませんが、変わらずノートにいろいろと書いてるでしょうか? 最近のノート事情を教えて下さい」と質問されると、中居は「いいとこ突きますね~。ノート、進んでないですねぇ」と、回答。1月からの解散騒動が影響しているのか、「情報を得ようとするテレビを見てない」とのことで、今はもっぱら映画やCSスポーツチャンネルのG+を見ているとか。

「だから、“ちょっとノートに書いておこう”みたいな習慣がちょっとやっぱ薄れてるのかなぁ。う~ん……。でも、ホント1週間、2週間ぐらい前、“あ、ちょっと書き留めておこう”と(思って)ワッと少し書いたけども。今年はホント進んでないね」

 と、今年はノート事情に変化があったことを告白。さらに中居は、

「でも……。まぁ、来年になったらいろいろと……。“スタイル変えてみようかな”と思うこと。来年をき……来年をきっかけにってね。なんかね、“ちょっと書いてみようかな~”と思って。いろんなこと。それこそ、スマホにしてみようかなと思ったりする」

 と、現在の心境を吐露。具体的には「まだ全然、書いてない」というが、変えたいポイントをノートに書き出そうと考えているようだ。

 中居自身は明るいトーンで話していたものの、ノートのメモが進んでいない点や“来年になったらスタイル変えてみようかな”という発言に引っかかるファンが続出。前述のように中居が仕事をする上でノートは欠かせないものとなっており、TOKIO・城島茂がテレビなどで暴露したところによれば、10代の頃からコンサートのMCや演出などをノートに書いていたとか。

 ラジオを受け、ファンは「1~2週間前に書いたノートにはSMAPのこと書いてあるのかな? 『来年をきっかけに』って言葉がすごく重たい」「来年の話されると胸がざわざわする。どう考えたらいいんだろう……」「中居くんはSMAPのこといろいろ言われるの嫌だから何も見ないけど、『前は見るよ』っていうファンへの励ましの言葉だと、勝手に解釈する」などと、さまざまな反応が上がっている。

 このトークの後に、スタッフが選曲した「freebird」(2002年発売)が流れたことについても、同曲は「立ち止まる事も大事だと思うけれど 自由に飛び回るために」といった歌詞があることから、「『freebird』も意味深すぎ」「『来年』ってワード出たけど本当にこのままSMAPが終わっちゃうのかな。『freebird』聞いて悲しくなってきた」といったコメントも。中居の気持ちがすでに“解散後”に向いていると、マイナスに受け止めたファンも少なくないようだ。

 また、SMAPはこれまで55枚のシングルをリリースしているが、「freebird」は9月中にも立て続けにメンバー出演のラジオ『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM、9月30日放送)、『おはようSMAP』(同、9月27日放送)、『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送、9月15日放送)でオンエアーされており、当時もファンは「『freebird』は他メンバーのラジオでも流れてた。ただの偶然?」「最近のラジオ『freebird』率高いね。5人一緒に事務所から自由になりたいってことなのか、それともグループからなのか」と、ヤキモキしていた。

 中居が仕事面でどうスタイルを変えていくのか、今後の動向を温かく見守りたい。

あと2カ月……本当に終わっちゃうの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー