[ジャニーズ・メディアの裏側]

「タキツバ潰しやめて!」今井翼の「事務所を辞めるしかない」発言報道に、ファン憤慨

takitsuba2shot.jpg
なお、翼の屋号は「出雲屋」に決定した模様

 今年1月にコンサートを開催して以降、ソロ活動に専念しているタッキー&翼。今夏の音楽特番などにも出演がなかったことから、2人での活動再開を望む声が続出している。そんな中、一部報道で今井翼が“解散”を望んでいると伝えられ、ファンの間で物議を醸している。

 ジャニーズJr.の“黄金期”と呼ばれる時代に活躍した2人は、満を持して2002年にCDデビュー。個人ではそれぞれ舞台を中心に活動しているが、今年は滝沢秀明が4~5月に『滝沢歌舞伎 2016』で主演を務めたほか、7月期のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)にも出演。17年公開予定の『こどもつかい』で映画初主演を果たすことも決まり、今年に入ってからは特に仕事の幅が広がっている。


 一方の今井は、10月3日に開幕した舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門』に出演中で、9月からはドラマ『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』(NHK)に出演している。しかし、10月13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、今井はタッキー&翼としての活動に消極的で、SMAPの解散についてもメリー喜多川副社長に原因があると愚痴をこぼしているという。

「今井は仕事が順調な相棒に嫉妬しており、行きつけの銀座のクラブで酒を飲んでは、滝沢や事務所に対する不満を漏らしているとか。また、『SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない』と話すほど、尊敬する先輩グループの解散に動揺しているとのこと。また、今井は『文春』を愛読しているそうで、昨年1月にメリー副社長がSMAPや元チーフマネジャー・飯島三智氏を批判したインタビュー記事も目にしていたようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 タッキー&翼は、昨年9月にシングル「山手線内回り~愛の迷路~」を発売した後、12月にはアルバム『TRIP & TREASURE TWO』もリリース。ところが、今年は1月3~7日に『YOUは何しに?タッキー&翼CONCERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ』を行った以外、ユニットでの目立った動きはない状態だ。

「『文春』は9月に滝沢を直撃していましたが、その際に滝沢は『僕は(SMAPのことは)知らないし、直接話す機会もない』『飯島さんは辞めましたから』などと話し、“事務所愛”をアピールしていました。今回の記事によって事務所に対する忠誠心が高い滝沢と、反抗的な今井の構図が浮き彫りになったわけですが、ファンは『タキツバ潰しやめて。本当に許せない』『タッキーの次は翼くんを傷つけて何が目的? こんな記事でタキツバと私たちの絆は揺らがない』と、憤慨しています」(同)

 今井本人は同誌の直撃取材に対し、活動休止は「ない」と否定している。16年はソロ活動がメインとなったが、年末の歌番組や『ジャニーズカウントダウンコンサート』で2人のパフォーマンスが見られる機会を楽しみに待ちたい。

翼、サイゾーウーマンも読んでるかなぁ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!