[ジャニーズ・メディアの裏側]

「笑顔がこわばっている」SMAP・香取慎吾、物議を醸した“ネガティブすぎる”会見記事

katorishingo03.jpg
ご飯はちゃんと食べられているのはわかった

 SMAP・香取慎吾が9月27日、都内で行われた「平成28年産宮城米説明会」に登場した。解散発表後、メンバーで初めての記者会見登場とあって、会場には多くのマスコミが駆けつけたものの、香取はSMAP解散に関してコメントはしなかったという。しかし、この会見のスポーツ紙報道をめぐって、ファンや業界関係者が騒々しくなっているようだ。

「会見の前後、ジャニーズの広報担当者は御用達テレビ局のスタッフやスポーツ紙記者に、『香取が印象よく見えるように報じてちょうだいね』と要請していました。これは毎度のことで、当然全社とも従うのが慣例になっています」(テレビ局関係者)


 しかし、スポーツ紙の中で、最も大きな紙面スペースを使って、香取の会見を報じた日刊スポーツの記事には、「香取の笑顔は、こわばっているように見えた」「司会に『元気いっぱいですね』と声を掛けられてもどこか硬さのある表情が印象的だった」など、ジャニーズサイドの要望とは正反対の香取のイメージをネガティブに捉えたような表現が並んでいた。

「一部週刊誌は、香取について『抑うつ状態』の可能性を指摘しており、日刊スポーツの記事内容はこれを連想させるもの。ジャニーズサイドは、各マスコミに“香取がSMAP解散を強く主張した”という情報を幾度となく流しているだけに、SMAPファンからは『悪意満載の記事』『事務所が指示して、慎吾を悪く書かせたに違いない』といった批判が噴出しました。しかし実際は、日刊スポーツこそ、ジャニーズの意向に反旗を翻す記事を書いていたわけです」(同)

 ジャニーズも、こうした情報統制が当たり前のように行われていることが、すでに世間に知れわたっていることは「重々理解している」(ジャニーズに近い関係者)という。

「それだけに、ここ最近はマスコミへの圧力のかけ方も軽減されているようです。日刊スポーツにあっさりと要請を却下されてしまったところをみると、事務所としての影響力自体も相当低下しているのでしょう」(同)

 10月8日には、稲垣吾郎が出演映画『少女』の初日舞台あいさつに登壇予定だが、ここでもジャニーズと各マスコミの“戦争”が勃発するのだろうか?

SMAPファンの深読みレベルが日に日に上がっている

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!