[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAPベスト盤をめぐる舞台裏――「事務所が一番喜んでいる」「メンバーは前向きではない」

14smapcr.jpg
「まだまだベストを出す時期じゃない」っていう理由なら泣く

 12月31日の解散が発表されているSMAPが、その直前の12月21日にベストアルバム『SMAP 25 YEARS』、さらに28日にはDVD&Blu‐rayの映像作品『Clip! Smap! コンプリートシングルス』をリリースすると発表された。25周年を記念する作品にファンは歓喜しているが、関係者は「ようやく発表にこぎつけた」と胸を撫で下ろしているようだ。

 解散が決定した当初から、ベストアルバムのリリースはほぼ内定していたものの、発表に至るまでにはさまざまな障壁があったようだ。


「この発売を最も喜んでいるのは、ほかならぬジャニーズ事務所でしょう。一部メンバーが発売について前向きな姿勢をみせなかったため、なかなか発表ができなかったんです。レーベル関係者も『一部メンバーを説得できるかどうか、リリースはそれ次第』と漏らしており、ようやくの実現に安堵していることでしょう」(週刊誌記者)

 SMAPの活動に関して、新たなニュースが出るのは久しぶりで、最近はレギュラー番組のテレビやラジオなどを継続しているのみだった。

「新規の仕事がない現状も、テレビ局側などがオファーしづらいという面もありますが、一部メンバーが断っているともいわれています。ジャニーズ事務所としては、元チーフマネジャー・飯島三智氏が退社した今、新体制のスタッフと仕事をしてくれた方がSMAPのためになると考え、企画の提案はしているそうですが、なかなかメンバー全員のOKが出ないとのこと。特に、メンタル面の不調が報じられている香取慎吾など、事務所から独立したかったメンバーのモチベーションは下がりきっているといいます」(同)

 そうなると、今回のアルバム&映像作品の発表は貴重な話題で、今後は解散まで動きがない可能性も高い。

「ただ、“企画は投げているが、一部メンバーのせいで実現に至らない”というのは、あくまでもジャニーズ側の言い分。本人たちの真意ではないでしょう。ベスト盤についても、一部メンバーが消極的といわれていますが、ファン投票で選ばれる50曲ということですから発売が正式に決定した以上、事務所の売り上げ至上主義に則ることなく、ファンの思いにSMAP全員が応えるものになってほしいです」(同)

 もちろん売り上げも軽視できないが、何よりもまずはメンバーとファンにとってベストな作品であることを願うばかりだ。

ベスト盤もうれしいけど、本当に聞きたいのは新曲

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー