北川の事務所は福田和子に感謝だね!

『家売るオンナ』最終話、業界内から「掟破り」の声! 『仰天ニュース』使った奇策とは

ieruru-dvd.jpg
『家売るオンナ DVD-BOX』/バップ

 15年続く人気長寿番組『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に先日14日、まさかの「仰天事件」が起きた。
 
「以前放送した福田和子の事件を、なんと丸々1時間再放送していたのです」(テレビ誌ライター)

 放送中、ネット上では「福田和子、何回目?」「なんで今また福田和子なのかな?」「ネタ切れなのかしら……」などと訝しがる意見も見られた。

 福田和子といえば「20の偽名、7つの顔を持つ女」として知られた稀代の悪女。1982年、愛媛県松山市で同僚のホステスを殺したのち逃亡。偽名を使い分けながら整形を繰り返し全国各地を転々とした。その間、キャバレーのホステスやホテルの清掃員、あるときは和菓子店の店主に言い寄って、後妻の座に就いた。捕まる直前で警察を振り切り、石川・金沢から自転車で名古屋まで逃げたこともあったという。

 当時の強盗殺人罪の公訴時効は15年。日に日に迫る時効を前に、ワイドショーは彼女の整形写真や肉声を公開するなどして、逃亡生活を連日伝え、全国にその名が知れわたった。

 そして福田は、時効成立まで21日と迫った97年7月29日、行きつけのおでん屋から出てきたところを刑事に取り囲まれ、逮捕された。それは、店の常連客の、機転を利かせた情報提供によるものだったという。
 
「そんな歴史的事件を、『仰天』は2009年12月30日の5時間半スペシャル『超A級女の大事件!大変身ビューティ祭り』の中で放送。福田を含む『第2部』は18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を記録しました」(前出ライター)

 そして7年後に再放送。なぜこのタイミングで放送したのだろうか?

 某局の編成マンは、「当初放送を予定したネタが、何らかの事情で取りやめになったのでしょう。普通はVTRを見ているスタジオのリアクションがワイプで映りますが、それもなかったため、急きょ差し替えた可能性が高い」と話す。
 
 しかし某局のバラエティ担当者は、「確信犯」だと言い切る。『仰天ニュース』後のドラマ『家売るオンナ』のためだというのだ。

「福田和子を特集したこの日の『仰天』は、13.5%を記録。通常10%前後の同番組にとっては久々の高視聴率です。そして、その後、午後10時から放送された『家売るオンナ』の最終回も、番組最高となる13.0%でゴールインしました。つまり『家売るオンナ』をアシストするため、過去に数字が獲れた作品を、あえて入れ込んだと考えられるんです」(前出・バラエティ担当者)

 この「掟破りの差し替え作戦」が成功したからまだいいが、何度も同じ手法を取っていれば、視聴者の信頼は失われていくだろう。また、『仰天ニュース』そのものについても、評判は芳しくないようだ。

「この番組は自転車操業。ネタにするニュースが“枯渇”しているんです。しかも類似番組に『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)がありますから、ネタの取り合いは必至。『アンビリバボー』で放送した事件が、翌週『仰天』で紹介されていた、なんてこともあった」(前出・編成マン)

 最近はミステリースポットに潜入する「仰天なぞとき隊」や、アシスタントの久野静香アナウンサーが漁師として活躍するロケなど、再現ドラマ以外にも手を広げている『仰天ニュース』。今後は、『アンビリバボー』と差別化を図っていくのだろうか?
(後藤港)

日テレによる北川景子への全力接待だね!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!