サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』常子と星野、結ばれず――号泣する視聴者続出も「余韻ゼロ」の展開にあ然!?

ark160824_.jpeg
『NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1』/ユニバーサル ミュージック

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■9月7日(水)/136話~9月9日(金)/138話
 「あなたの暮し」出版VSアカバネ電気製造とのバトルの行方に注目が集まる『とと姉ちゃん』。「あなたの暮し」出版を取材したいと語る大東京新聞の記者・国実恒一(石丸幹二)という新キャラも登場し、視聴者の注目が集まったものの、136話、137話では、バトルはしばし休息。常子と星野武蔵(坂口健太郎)の関係についてストーリーは一気に進み、ついに決着がつくことに。

 136話では、星野に名古屋への転勤話が持ち上がり、さらに、星野の息子・大樹が、学校で足の傷を理由にイジメられていることがわかる。ネット上の「嫌な予感がする……」という臆測通り、137話では、星野が常子に転勤のことを伝え、別れを告げる。この展開に、朝から号泣する人が続出。「つらすぎる二度目の別れ」「星野は転職して、常子と一緒に住むとか、ほかに選択肢はないの?」など、2人の別れを惜しむ声がある一方、「あまりにあっさりした別れにあ然」「展開が早すぎてしらける」など批判的な声も上がった。さらに、星野が今後、画面に登場しなくなることで、「星野ロス」に陥ったという人も。星野家に癒やされていた人も少なくなく、「もう番組を見ない」という強硬な意見もあった。

 138話では、商品試験の公平性を疑問視する記事が、週刊誌と大東京新聞に掲載され、ついに常子が国実と直接対峙することに。前話の常子と星野の別れが、なかったことになっているようなストーリー展開には、「もう少し余韻とかないの?」と、早すぎる展開について行けない視聴者の声が目立った。

 とはいえ、残すところ最終回まで、あと半月あまり。常子と国実の対峙の結末は? 「あなたの暮し」出版VSアカバネ電器製造とのバトルの行方は? 今後の展開に注目が集まっている。

かなわぬ恋は、あっさり忘れた方が身のためよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー