真夏のミステリー

“夏目三久サイドを陥れたい”人物の仕業? 有吉との熱愛・妊娠報道の不可解な結末

natumechan_netuaihoudou.jpg
『夏目三久 Tokyoナビゲッチュ~!』(ニッポン放送)公式サイトより

 夏目三久の有吉弘行との熱愛、妊娠報道が、“誤報”として収束しつつある。8月24日、第一報をスクープしたのは日刊スポーツだったが、他スポーツ紙は双方事務所の「事実無根」という回答をこぞって報道。またテレビの情報番組に至っては、このニュースを完全にスルーした。

 そして9月1日のスポーツニッポンでは、夏目本人がインタビューにて「最初の誤報記事がここまで自分を追い込んでいくなんて。本当につらいし、悔しいし、悲しいです」と発言。ネット上では、「事実無根なら、夏目がかわいそう」「もうそっとしてあげてほしい」といった同情のコメントが飛び交っているが、マスコミ関係者の間では、「この騒動はどう考えても不可解」と疑問の声が止まないようだ。

 一部マスコミでは、有吉と夏目の交際自体は、かねてから“事実”として認識されていたという。

「第一報後、関係各所に取材を行ったところ、一部週刊誌が、2人の交際を1年以上前から追い続けていたことがわかりました。とはいえ、結婚や妊娠ではなく、単なる熱愛ネタとして、です。しかし両者から決定的な証拠が出てくることはありませんでした」(週刊誌記者)

 2人は、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)での共演から交際に発展、最初にアプローチをかけたのは、夏目の方だったようだ。

「共演を重ねるうちに、夏目は有吉に惹かれていき、そのことをマツコにも相談していたそうです。マツコは『言っちゃいなさいよ!』と後押しし、夏目は見事に有吉と交際することとなった。そのことで、夏目はマツコに何度も感謝の言葉を送っていた……という話がマスコミ関係者の間でささやかれています」(同)

 ところが、理由は定かではないものの、今年3月、有吉は夏目に別れを告げたという。

「そして夏目は『怒り新党』を急遽降板してしまったわけです。こうした背景を考えると、有吉がTwitterで、今回の熱愛・妊娠報道に対して、『これを狐につままれたような気分というのか。。。』とつぶやくのも当然でしょう。そして、夏目が完全否定した“妊娠”に関してですが、一部で『妊娠はごく初期段階』という情報が流れていました。そのため、『有吉の子ではないかもしれない』『おなかの子の父親は、一体誰なんだ?』とマスコミが調査に乗り出そうとしたのですが、こればかりは、夏目にしか真相はわかりません。こうなると、そもそもこの大騒動自体、夏目や夏目サイドの人間を陥れたい人物が企てたもの……という見立てもできます」(同)

 一連の報道は、“真夏のミステリー”として、季節の移ろいと共に、風化してしまいそうな様相だ。

「芸能界の闇」として数十年語り継がれる騒動

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!