[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP、ファンの「購買運動強化週間」で急浮上! 五輪テーマ曲「ありがとう」に脚光

2014mrs_end.jpg
新曲なくても「ありがとう」で歌番組出るってのは、ダメ?

 SMAPファンによるシングルCDの“購買運動”が、再び盛り上がりを見せている。1月の解散騒動以降、SMAPにとって最大のヒット曲となった「世界に一つだけの花」(2003年発売)をトリプルミリオン(300万枚)達成に導くという動きが活発化していたが、今回は06年発売のシングル「ありがとう」に脚光が当たっている。

 一連の購買運動は、SMAPの活動継続を願うファンがTwitterなどで呼びかけたことがきっかけでスタート。その甲斐もあり、「世界に一つだけの花」は報道直後のオリコン週間シングルランキング(2月1日付)で、3位にランクイン。12年ぶりのトップ3入りを果たし、ファンの“底力”を証明する形に。その後も、ファンは同曲の購入や運動の情報拡散を続けている。


「今回はそれと並行し、中居正広がメインキャスターを務めている『リオデジャネイロオリンピック2016』(TBS系)のテーマソングに起用された『ありがとう』の購買運動も行われています。一部のSMAPファンは、リオ五輪の開会式が行われた8月5日を皮切りに、11日までの期間を『ありがとう購買運動強化週間』と設定。テーマソングに起用されたこの機会に売り上げを伸ばすことで“SMAPに関心を持ってもらいたい”という思いや、“新曲を発売してほしい”といった願いを込めているのでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 今回の同番組テーマは「感謝」で、SMAPの「ありがとう」はコンセプトも合致している。メンバーの稲垣吾郎は4日放送のラジオ『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送)で、この楽曲がテーマソングに決まったことについて言及。「SMAPの曲で“参加できる”というか。まぁ、応援歌というかテーマソングですか、今回はね。携われることっていうのは、すごくうれしく思っています」と、語っていた。

 こうした流れから、8月4日付のデイリーシングルランキングで「ありがとう」が33位に急上昇。5日には10位にまで跳ね上がり、以後も18位(6日付)、30位(7日付)、23位(8日付)に浮上していた。そして、8月15日付の週間シングルランキングでは、2,461枚を売り上げ、36位にランクイン。前週の179位から大幅に順位を上げ、累積売り上げは35万689枚となった。

作詞・作曲を手がけたシンガーソングライターのMORISHIN(当時はMORISHINS’)は、7日にTwitterで「SMAPさんの『ありがとう』がオリコンデイリーランキングで10位になりました。またこうして脚光を浴びる事が出来て嬉しいです☆さすがSMAPさん!そしてファンの方々の力ですね!」と、感謝の気持ちをツイートしていた。

「一方、SMAPは20年に開催されるパラリンピックに向けた『日本財団パラリンピックサポートセンター』の応援団を務めています。大きなイベントとあって、グループとしての活動は20年までは続くとみられてきましたが、一部ではSMAPのパラリンピック応援団“辞退”や、ほかのタレントに“交代”する可能性も伝えられています。中居が7大会連続でオリンピックのキャスターに選ばれるなど、SMAPはオリンピック・パラリンピックとの関わりも深いだけに、応援団が交代するとなれば大騒動になるでしょうね」(同)

 また、「世界に一つだけの花」は15日付の週間ランキングで894枚を記録し、88位にラインクイン。累積売り上げは270万台のためトリプルミリオンにはまだ遠いものの、ファンの地道な努力が結果として表れている状況だ。ジャニーズ事務所はこうしたSMAPファンの動きを、どう受け取っているのだろうか?

TBSさん、テーマ曲採用ありがとう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク