[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

明石家さんま、「飯島さんは?」発言で非難轟々! 「黙ってろ」とSMAPファン怒り心頭

nakai-0617.jpg
中居くん、大役ごくろうさまでした。

 7月23~24日に放送された『FNS27時間テレビ フェスティバル!』(フジテレビ系)内のコーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」で、中居正広がSMAPの現状や元チーフマネジャー・飯島三智について言及した。明石家さんまの直球質問を受けた中居は困惑しながらも「バタバタはしましたけど、今もう全然円滑にいってますから」などと冷静に対応し、順調ぶりをアピール。しかし、SMAPファンからは、さんまの言動に対して厳しい声が飛んでいる。

 1月に解散騒動が表面化して以降、ラジオやテレビなどでSMAPの裏話を明かしていたさんま。報道が出る前から「うすうす事情を知ってた」などと語り、昨年末の『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系、12月22日放送)の収録現場で、メンバー間の空気が悪かったことを暗に匂わせたり、「とんでもなくやりにくかった」などと暴露していた。

 そして今回、番組で中居と面したさんまは、「お前、歌番組何で出えへん?」と、SMAPが今夏の各局音楽特番に不参加となったのははぜかとストレートに質問。すると、中居は「新聞の(『FNS27時間テレビ』の)ラテ欄見たら『YOU言っちゃいなよ』って書いてあったんですよ。俺、何言うんだって。何も言わないって!」と、抵抗した上で、「僕の歌のコンディションがよくなくて……」と、自身の“調整不足”が原因だと主張した。

 さんまは“ファンの声を代弁している”として音楽特番の不参加について切り込んだため、「さんまさんありがとう。素直にうれしい」と、さんまに感謝するSMAPファンがいる一方で、ファンの多くはさんまの発言に不信感を抱いているようだ。

「さんまは木村拓哉とプライベートで親交があり、騒動についても『木村からやけども、相談っていうか……』などと事前に話を聞いていたことを自身のラジオ番組で明かしていました。今回の番組でも、『俺がどんだけ迷惑被ったか!』『騒動をうすうす聞いてたのよ』と言い始めましたが、中居が『え、誰からですか?』と尋ねると、『アイツ(木村)からとはちゃう』と、突然否定。さらには『お前はなんか、俺を“木村派”みたいな目で見てるやん』と非難し、中居が『僕なんか“派”もない。考えたこともないですし、僕ら5人も派閥もなんもないですよ。敏感になりすぎですよ』と、突っぱねていました」(ジャニーズに詳しい記者)

さんまの一貫性のないこれら発言に、「『明石家電視台』で木村から聞いたって言ったのは何だったの?」「『迷惑を被った』と言ってたけど、迷惑を被ったのはSMAPファンの方」「さんまは結局、木村くんから何も聞いてなかったってこと? 木村くんのイメージが悪くなるようなことベラベラ言うな」などと、批判が続出している。

「2人はCM中にもSMAP騒動について話したようですが、さんまが本番でもしつこく話題を繰り出してきたため、中居が『本番で話したかったんですか?』と質問。するとさんまは、『“さんまが大活躍、和解!”とかそういうの。そういうポジションでいたいな』と、要は“手柄がほしかった”旨を明かし、笑いを誘っていました。また、最後に1つだけとして、『飯島さんはどうしてはるの?』と、ナイーブな質問を投下。中居は笑顔を浮かべながら、メガホンでさんまを叩き、『えー……。今、見てるでしょ?』と、コメントしました」

 この“飯島ネタ”についても、ファンからは「さんまさん、飯島さんのことまで出して、どこまで土足で踏み込んでくるの?」「中居くんの『見てるでしょ』の顔が、苦しそうだった。この質問を中居くんにするのはひどい」「飯島さんが元気なわけない」と非難轟々。事務所内の派閥に関する話題を突いたさんまに「派閥ないですから、本当に。意識してる以上に。本当に敏感になりすぎですよ」と制止するなど、最後までメンバーや事務所をかばった中居にファンは感激していた。

 当の飯島氏は25日発売の「週刊現代」(講談社)の直撃取材に対し、今後の予定について「何も決まっていません。でも、芸能(の仕事)はないです」「普通に生活したいので。ホント静かにしていたんです」などと答えていた。それぞれの道を歩み始めたSMAPと飯島氏だが、25周年という節目の今年中にシングルのリリースやコンサーツアーの開催はあり得るのだろうか?

まさに上司のパワハラに耐える部下の構図でしたよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク