[ジャニーズ最新言行録]

「ヤラセの告白?」「言う必要ない」ジャニーズWEST・中間淳太、ラジオ発言が波紋呼ぶ

nakama_ojyun.jpg
その甘い考えで芸能界入ったことのが、おばちゃんビックリだわ

 日本語、英語、中国語を話せるトライリンガルで、グループ内では“セレブキャラ”で知られるジャニーズWEST・中間淳太。今春からは『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『レコメン!』(文化放送)の木曜レギュラーに加わるなど活躍の場を広げているが、先日放送のラジオ番組では、共演者の関ジャニ∞・村上信五に自身のキャラクターについて“ガチ相談”を展開。これがファンの間で賛否両論を巻き起こしている。

 中間は、村上とパーソナリティを務めた6月30日放送のラジオ『関ジャニ∞ 村上信五・ジャニーズWEST 桐山照史・中間淳太のレコメン!』のオープニングから、「相談したいことがある」「リアルにちょっと病んでるんです」と、暗いトーンで吐露。本番中の衝撃発言に、村上が「言うな、そういうこと。病んでるとか」と注意するも、デビュー2年目で大人に何も言えない新人という立場で考えてみてほしい、と中間は切り出した。

 中間いわく、例えば番組でスタッフから「こういうキャラクターでいってください」と言われることに関し、「あんまりやりたくないキャラクターで、なおかつ自分のイメージにとってマイナスになる」「キレたりとか文句言ったりするキャラクター」だった場合は「どうするべきなのか?」と悩んでいるという。これに村上は、

「お前が嫌々従ってたら、それは誰もメリットないよね。“やるならやる”って腹をくくってやらんと」

と返し、マイナスになりそうなキャラでもプラスになるくらいの気持ちでやるように助言。さらに、自身の若手時代を回顧しつつ、

「やってたら、嫌なオーダーなんか、そんなもんそりゃしばらくあるよ。『ギャグやってくれ』とか、いっぱいあったからな。『面白いこと言ってください』とか。だけど、それは言われたことの“2倍で返したろう”と思ってやってたから」

と、反骨精神で頑張るようアドバイスした。一方、先輩の話に納得しながらも「(求められたことをやって)後悔している」と愚痴をこぼす中間に、村上は「そんなもん、放送で相談してくんなよ。裏でええやないか」と、ピシャリ。しかし、中間の気持ちは収まらず、これまではありのままの自分でやってきたが、その番組では「初めて嘘をついてしまった」と嘆いた。すると村上は、

「でも、そのお前のついてる嘘は見てる人、聞いてる人にしたら嘘かどうかはどっちでもええ話やからな。世に出たことが全てやねんから。(中略)お前の実力が、与えられたことに対してプラスに変える実力がないから“マイナスや”と思って、やってしまったんや。だから後悔してんのやないか」

と、先輩として一歩引いた目線でコメント。「そっか、実力をつければいいのか」と素直に聞き入れる中間だったが、やはり自分の本意ではなく、視聴者やロケ先の人々に不快感を与えてしまったことが引っかかっているようで、「“嫌われたくない”っていうのはもちろんあるんですけど、親にも申し訳ないなと思って。こういう人にならんために育ててくれたのに、結局自分がやっちゃったわけじゃないですか」と、真面目にトーク。

 とはいえ、そんな“ピュア”な中間も先輩の助言で少し不安が和らいだのか、「寝れなかったんですよ、ずっと。もうスッキリしました。大丈夫です」と前向きに返しており、村上は「俺、今日好感度ちょっと上がったわ」と冗談交じりにつぶやいたのだった。今回、本番前に村上と話す時間がなかったため、生放送中に悩みを告白する流れになったようで、「リスナーの皆さん、ホンマごめんなさい。公共の電波使って」と、中間は謝罪していた。

 ラジオの中で中間は具体的な番組名こそ出していなかったものの、“キレキャラ”を求められたのはバラエティ『リトルトーキョーライフ』(テレビ東京)ではないかとファンは推測。6月29日のオンエアーでは、中間がカーポート設置現場での職業体験ロケに出掛けたが、上司の注意を無視した上に、道具を投げつけて“ブチ切れ”する一幕が放送された。

 ラジオを聞いたファンからは「放送を見て違和感があったから、『レコメン』で言ってくれて安心した」という声が出る一方で、「プロ意識低いと思った。公共の電波で言う必要ない」「本人の口から、『リトラ』のキャラがヤラセだったなんて言っちゃいけない」「悩んでるのはわかるけど、言い訳にも聞こえる。この世界で頑張っていくなら、黙っててほしかった」などと批判の声も多く見受けられた。

 番組側が求めるキャラの違いに悩み、模索している様子の中間だが、今後は村上の忠告を受けてどう変わっていくのだろうか?

苦悩を語るアイドルを求めすぎた結果がコレよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた