家康カムバック祈願

『99.9』『世界一難しい恋』、スピンオフ熱望の声高まる! テレビ局関係者に聞いた可能性

sekamuzu-hp.jpg
『世界一難しい恋』(日本テレビ系)公式サイトより

 今年の4月から始まったドラマがそれぞれ最終回を迎えつつある中、変わらずに好調を維持しているのが嵐の2人による主演作だ。大野智は『世界一難しい恋』(日本テレビ系)で性格に難のある年商180億円のホテル社長・鮫島零治を、松本潤は『99.9 ―刑事専門弁護士―』(TBS系)で難事件を無罪に導く敏腕弁護士・深山大翔をそれぞれ熱演している。

 これら2作に共通するのが、「スクリーンで深山の顔をアップで見たい……」「あの『セカムズ』ファミリーの世界観が見られなくなるのは残念。 続編はいつだって待ってるよ」「1年後に『世界一難しい結婚』、その後に『世界一難しい子育て』って、毎年1クール放送してください」などという、ファンからの「続編」または「映画化」のラブコールだ。

 そんな声に対して制作側はどんなビジョンを描いているのだろうか。まずは『99.9』について、テレビ局に出入りしている関係者は語る。
 
「『99.9』のチーフディレクター木村ひさし氏は、連ドラ、スペシャル、そして映画といずれもヒットを飛ばし続けた『TRICK』(テレビ朝日系)の演出も手がけた名手ですから、同じように、今回も発展させていくことは考えているはず。また2年前の嵐主演の映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』の監督でもありますから、松本とも親しい。次の一手について話し合っていてもおかしくないでしょう」
 
 そんな『99.9』には番外編、つまり「スピンオフ」作品を望む声も少なくない。中でも多いのが、深山のサポートをしているパラリーガル・明石達也(ラーメンズ・片桐仁)の物語だ。SNSでは、「深山と明石さんの出逢いとか、スピンオフでやらないかなぁ」「斑目(法律事務所)に来る前の、深山&明石の事件簿はスピンオフにしてほしい」などの意見が上がっているが、その可能性はあるのだろうか。

「明石の設定についてドラマのホームページにはこう書かれています。『20年間勉強し続けているが弁護士になれない伝説の男。12年前、司法試験の会場でたまたま隣同士になった深山に筆記用具を貸してあげたことが縁で、気の合う相手として付き合いが始まる……』など、ほかの配役に比べても人物背景が妙に具体的なのです。スタッフももしかしたら本当にアナザーストーリーを考えているのでは」(同)
 
 さて『世界一難しい恋』でも、ある脇役のスピンオフを希望する声がやまない。それが、ジャニーズWESTのメンバー・小瀧望が演じる社長室企画戦略部の若手社員、三浦家康だ。

 こちらもネット上で、「三浦のスピンオフがあったら、入社面接からやってほしい」「『三浦の1日』というスピンオフドラマやってください!」「DVD-BOXに、三浦のスピンオフを入れてほしい」などなど、すっかり三浦のファンになった視聴者の書き込みが散見できる。では、三浦とはどんなキャラクターなのだろうか?

「三浦は一言でいえばNONSTYLE・井上裕介ばりのスーパーボジティブ人間。自分のことを、鮫島社長の右腕だと過大評価していますが、当の社長からは『三浦? 誰だそいつは? かすかに見覚えがある……』(2話目)と言われ、さらには『三浦は、どうしてうちに入れたんだ?』(9話目)と入社できたことを不思議がられている。同僚から無視されても落ち込むことなく、勘違い発言をとがめられてもまったく動じない。その肝の据わり方は確かに、天下を制した徳川家康のようでもあります」(テレビ誌ライター)
 
 視聴者は三浦のキザなセリフもお気に入りのようだ。例えば2話目では、「徳川家康って、“泣くまで待とう”の人じゃないですか。でも三浦家康って、“泣いたら抱きしめる”んスよ。言葉より行動、待つなら攻めるっていうか」と意味不明の恋愛論を語り、また続く3話目では、「旅、それは非日常の世界。男と女に何が起きても、ノー、モア、ルール」と、男女の仲を、知ったような口調で話す。

 そして決め台詞は、「ピンチをチャンスに変えて抱き寄せる男。それが三浦の流儀」と、どこまでも能天気。それでいながら9話目では、鮫島が想いを寄せる元社員・柴山美咲(波瑠)にある本を届けるが、朝、自転車で颯爽と彼女の前に現れるや、「メッセンジャー三浦です」とさりげなく去っていくなど、意外と物語のキーマンになっているのだ。

 そんな名物キャラ・三浦のスピンオフを熱望する声について、先のテレビ関係者は、「日本テレビのドラマは良くも悪くも冒険しないのがポイント。本編がスペシャルで半年や1年後に帰ってきても、イチ社員のスピンオフドラマはないのでは」と推測する一方で、

「良いドラマは、主役だけではなく、ほかの役にもきちんと人格、個性が注入されている。だからこそフィクションであっても奥行きが出て、視聴者がその世界に入りこめるんです。ぜひ続編を、という意見が出ることはドラマスタッフにとって視聴率を獲得する以上にうれしいことなんです」とも話す。
 
 いずれにしても『世界一難しい恋』は15日、そして『99.9』は19日がそれぞれ最終回。物語の結末、そして今後の展開にどんなサプライズが待っているのか期待しながら見ることにしよう。
(後藤港)

ジュリーの脳内ではすでに『99.9』映画化済みでしょ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!